母乳が出すぎるあなたへ~赤ちゃんは吐くし、むせるし…辛い…

母乳が出すぎて困っていますか??

みなさん、赤ちゃんとの生活楽しんでいますか?😍

きっと妊娠中から赤ちゃんが産まれた後の生活をイメージしてきましたよね??

どんな毎日が待っているのかな…✨

赤ちゃんとお散歩したり、寝顔を見たり、一体どんなお顔をしているのかなぁ✨

想像するとワクワクドキドキと楽しかったはずです!

ではでは、皆さんは「授乳」をしている自分の姿って想像できましたか?

赤ちゃんがおっぱい飲んでるのってどんな感じかな?と考えましたが…なかなかイメージが湧かなかった妊娠中の私です✋

でも、果たして母乳はちゃんと出るのかな?とか、痛いっていうけど大丈夫かな?そんなことは考えたことでしょう。

そして、出産を終えた皆さん、現在授乳中の皆さん、実際はどうでしたでしょうか??

母乳育児に関しては、やってみなくちゃわからない!という風に言われておりますが、色々心配したけども、

「母乳が出すぎて困っているよー!」

って方いらっしゃいませんか?きっとこの記事を読んでくださっている皆さんは

「実は…母乳が出すぎて大変なんです…」

という方々だと思います。

「母乳の出が悪くて…」

と悩んでいる方もいらっしゃる中、

「贅沢な悩みだ!」

と思われがちでなかなか周囲の人に相談できないでいる方もいらっしゃるのではないかな?と思います…。

贅沢な悩みだ!と言われてしまうと何も言えなくなっちゃいますよね…💦でも出すぎの人は出すぎの人で深刻な悩みを抱えています😕

毎日毎日の事、上手くいかないと辛いものです。

私も母乳が出すぎて困っている一人です✋

母乳の量は周りの人と比べられないですし、実際どんくらいが平均なのかはわかりませんが、私は少なからず授乳でトラブルをいくつか抱えています💦

初めのうちは、

「出がいいのかな?ラッキー」

と笑っていましたが、1日に何度もすることなのでこれがまた大きなストレス。

こちらでは、私が現在抱えているトラブルについてお話してまいります!

母乳出すぎでパニックな毎日…私が抱えている母乳トラブル!

私が抱えております母乳トラブル…これで日々、パニック&イライラ&不快になっております。

少しづつ解決法を見い出し改善には向かっておりますが…

✔️母乳がシャワー状で勢いよく出るため、我が子がついていけず口をおっぱいから外してしまい、我が子の顔面、髪の毛、周囲が母乳まみれになる。

✔️気が付いていない方向からもおっぱいが噴射しており我が子の服もよくグチョグチョに濡れてしまい1日何度か着替えさせる必要がある。

✔️母乳を必要以上に摂取している我が子は母乳の吐き戻しが非常に多い。

✔️片方を飲ませているときにはもう片方から同じくシャワー状で噴射してしまい着ている下着や洋服はすぐ濡れる。

✔️母乳パットは一瞬でダメになるため1日何度も変えなければならなく不経済、現在はタオルで代用をしているがタオルも一瞬でグチョグチョに濡れ不快&洗濯物が増える。

✔️搾乳したミルクを主人にあげてもらい朝方の授乳を1回減らし睡眠を取るようにしているが、寝ている間&授乳をスキップした1回分のおっぱいが寝ている間に溢れ出て朝起きるとパジャマも布団も濡れている。

✔️気が付くと服はいつも濡れているし、服から染み出し抱っこ紐などにもおっぱいが染みついている

✔️家全体がおっぱい臭い

✔️洗濯をただするだけではおっぱいの匂いは全然取れず、つけおきしたり洗いを1度多くしたりと色々手間がかかる

ザっと書き出させて頂きましたが、私が抱えているおっぱいトラブルこんなところでしょうか。

書き出して、結構すっきりしました(笑)

イライラをぶつけた気分です👊

共感してくださる方はいらっしゃいますでしょうか?😧

ここでただ愚痴っているだけでは無意味なので…私はこのトラブルとどんな風に向き合っているのか、解決方法を見いだせたものはそれについてもご紹介していきたいと思います✨

解決策まで至ってないものもありますので…そのあたりは何か良いアドバイスがあれば頂けると嬉しいです😊

母乳トラブル110番!あなたの出すぎる母乳を無駄にしない為に!

よくわからない見出しをつけてしまいましたが…(笑)

私が現在戦っておりますこの母乳トラブル!

そこのあなたも戦っているのですよね?

私の気持ちわかってくれていますよね!私もあなたの気持ちがわかりますよー!!

ではでは、トラブルについて一つ一つ、現在の私の近況をご報告いたします!

トラブル①→母乳がシャワー状で勢いよく出るため、我が子がついていけず口をおっぱいから外してしまい、我が子の顔面、髪の毛、周囲が母乳まみれになる。

解決策→先日まではシャワー状に母乳が出てくるとまず大パニックになり、無理やり我が子の口に乳首を戻そうとしていました。

運良く咥えてくれたとしても、その勢いに耐えれない我が子はすぐに口から離し、またたくまに母乳まみれになるという展開でした。

助産師さん曰く、まだ飲むことに慣れていない新生児にその状態で口に無理やり押し付けるのは、赤ちゃんはとっても苦しいでしょう…ということでした。すいません…

これを現在は、哺乳瓶を片手に行い、勢いよくシャワー状に出てきたときは哺乳瓶をおっぱいに直接当ててその中に入れています。母乳を取っておきたくない方はタオルなどで抑えてもいいと思うのですが、私はそれでもタオルがすぐグチョグチョになりただ洗濯物が増えることに苛立ったため、哺乳瓶の中に入れ、ラップをして冷蔵庫、そしておっぱいをあげたばっかなのにぐずってしまった時や、自分自身が疲れているときなどにあげております。

注意点は、胸がまだあまり張っていない時にあげること!張っているのであればまた服が濡れるだけなので直接母乳をあげます!飲むチャンスがなければ捨てるだけです。

洗濯物より哺乳瓶を洗う方が個人的には楽なのでそうしています。

それでもタイミングが難しく、母乳シャワーはどうしても我が子にかかってしまうこともあります…、ですので我が子の顔には頭からガーゼをかけています

トラブル②→気が付いていない方向からもおっぱいが噴射しており我が子の服もよくグチョグチョに濡れてしまい1日何度か着替えさせる必要がある。

解決策→基本的にトラブル①の解決方法と同様です。忙しい子育ての中、おっぱいをあげながらスマホをいじって済ませたい用事もあると思いますが、ながらスマホでおっぱいをあげているときが1番我が子の服が濡れています。

そうすると結局着替えさせて…と手間が増えるので、ながらスマホでおっぱいはやめた方がいいですよ!これ私だけじゃないですよね?絶対している方いますよね?!(笑)

トラブル③→母乳を必要以上に摂取している我が子は母乳の吐き戻しが非常に多い。

解決策→こちらに関しては、まず吐き戻してばっかだと心配ですよね…。うまく吐き戻してくれるならまだいいですが、喉に詰まったら!と思うと怖いです。

助産師さん曰く、基本的にはお腹いっぱいの合図なので過度な心配は不要。だた多く飲みすぎたなっと思えるときはゲップをさせて長めに縦抱っこをしてあげる。

トラブル④→片方を飲ませているときにはもう片方から同じくシャワー状で噴射してしまい着ている下着や洋服はすぐ濡れる。

解決策→私はこれには最初気づいてなかったんです…。反対側をあげようとすると決まってタオルがグチョグチョで、おっぱいも母乳でベトベトで不快だなぁ…という感じだったんですが、反対側をあげているときにはもう反対側からすでに噴射していることが判明!

もう片方もおっぱいを出し片方あげている間はもう片方の噴射分は全部哺乳瓶へ入れてます。

結構な量が取れます。

トラブル⑤→母乳パットは一瞬でダメになるため1日何度も変えなければならなく不経済、現在はタオルで代用をしているがタオルも一瞬でグチョグチョに濡れ不快&洗濯物が増える。

解決策→結論、外出時や来客時などは母乳パットが必要であると思います!

母乳パットとは?→ピジョン 母乳パッド フィットアップ 126枚入【HOF12】【イチオシ】【rank_review】
そしてこまめに取り換え、洋服が濡れるのを徹底的に防ぎましょう。

家の中でも同じことをしていると母乳パットがいくらあっても足りずに不経済なので、タオルで代用、もしくは使い捨てではない母乳パットを使用して経済的にいきましょう!
圧倒的に経済的です→【あす楽】【メール便可】3962【日本製】【お得な3個 セット】布製( 母乳パッド ) ママ パット2枚組 母乳モレをしっかり吸収!下着 【0695 ローズマダム rosemadame マタニティ】

トラブル⑥→搾乳したミルクを主人にあげてもらい朝方の授乳を1回減らし睡眠を取るようにしているが、寝ている間&授乳をスキップした1回分のおっぱいが寝ている間に溢れ出て朝起きるとパジャマも布団も濡れている。

解決策→これに関しては時間が解決してくれると信じておりましたし、解決してくれるでしょう!!

新生児期の最初の1ヵ月は赤ちゃんの母乳を飲む量も少なく、そしてママ側もまだおっぱいの作る量を体が覚えられておらずに必要以上に作ってしまうためこのような事態になってしまっています。

時が過ぎればましになります!

トラブル⑦→気が付くと服はいつも濡れているし、服から染み出し抱っこ紐などにもおっぱいが染みついている

解決策→こちらもトラブル⑥同様です。体がおっぱいを作る量を覚えればじきにましになります!あとはだんだんと自分自身がおっぱいが溢れ出す時間を覚えてくると思うので搾乳をするなり新しいタオルを当てて備えるなり事前に対応しましょう。

トラブル⑧→家全体がおっぱい臭い

解決策→よく言えば、赤ちゃんの匂いってやつなんでしょうかね?とにかくおっぱいの匂いに包まれている気がしてなりません…育児で精いっぱいなのでファブリーズをかけまくるくらいしか今は出来ません…

トラブル⑨→洗濯をただするだけではおっぱいの匂いは全然取れず、つけおきしたり洗いを1度多くしたりと色々手間がかかる

解決策→手間がかかるのは仕方ないですね…(笑)

とにかくおっぱいで汚さないしか実際対応策はありません。じきにおっぱいの分泌量が整いおっぱいまみれにならないようになるのを待つかないです。

今はとりあえず手間をかけて、匂いの強いものはバケツでつけおきをしておくなり、柔軟剤で誤魔化すなり…

役立たずですいませんがそれが私の今現在の対応策です!(笑)

おっぱいの分泌量を減らすためには??

私は今おっぱいトラブルに襲われて日々辛いですが、分泌量を減らすような行動は今のところはまだしておりません。

それは今現在、運良く(…悪く?)分泌量が多いだけでそのうち出が悪くなる可能性だってありますし、何か分泌量を減らす対策をして全くでなくなってしまったり…ということが怖いからです。

出来るだけ長く母乳をあげて育てたい!というのが何だかんだ愚痴っても、私の考えです。

しかし、「もうこのおっぱいシャワーにはうんざりだぜ!」「どうにか減らしたい!」という方は分泌量を減らすような行動をとるのも一つなのかもしれません…

例えば…

✔おっぱいを保冷材などで冷やす→実際冬は辛いですけどね

✔お風呂などでおっぱいを温めすぎない→やはり温まって血流が良くなることで分泌は促されてます

✔乳首を衣服などで刺激しないように気を付ける→刺激で分泌が促されます

✔搾乳をしすぎない→搾乳であろうが母乳がなくなればカラダは作ろうと分泌してしまうので極力搾乳を避けるようにする

✔ご飯をもりもり食べ過ぎない→たっぷりの美味しいごはんで良質な母乳がどんどん作られます。結構酷ですが、食事量を減らすのも一つのようです。

いかがでしょうか??

他にも方法は沢山あると思いますが、分泌量を減らすであろう方法をあげてみました。

個人的には、減らすように頑張るのであれば、出すぎる母乳とうまく付き合うように頑張るべきなのかな?とも感じます…

やっぱり育児には母乳が1番でしょうし、赤ちゃんも哺乳瓶からミルクをもらうよりお母さんにくっついて母乳を飲む方が安心するようですからね…。

毎日の事、しかも1日に何度もある授乳タイム、ストレスにもなりますが1番頻度が多い新生児期を乗り越えれば少しづつ状況は変わっていくと思うのでママも赤ちゃんの為に頑張りましょうね✨

私も…頑張りますよ😊

最後までお読み頂きありがとうございました!

こちらの記事もお読みください❤

母乳が出すぎて、溢れすぎて、困っている皆さん! 頑張っていますか? あっちこっちに母乳が飛び散るわ、自分の服も赤ちゃんの服も濡れ...

色々試行錯誤した後の結果はこちらの記事です✨

このブログでは今までも、母乳が溢れすぎて大変な人へ向けて「私の母乳トラブルについて」発信してまいりました✨ &#...

母乳過多の方は乳腺炎にも特に注意が必要です💡

母乳育児の方なら誰もが怯えるのが乳腺炎ではないでしょうか? ずばり2割の方はなるようで、決して珍しいことではありません😣...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする