妊娠初期13週目、切迫流産と診断される。

こちらに綴っている内容は私が妊娠13週目で「切迫流産」と診断され、最強に落ち込んだ記録です。

是非同じような境遇の方、自分の妊娠に自信が持てなくて辛い方、読んでみて下さいね✨

辛いのはあなただけではありませんよ✨

妊娠初期13週目、妊娠5ヶ月まであと少し!!

検索 11 妊娠初期11w0d頃の生活は?つわりは?の記事でご紹介させて頂いたように、特に妊娠前と比べて行動面を見直していなかった私ですが、

無事に13週を迎えていました💛

妊娠4ヶ月の2週目です💛

5ヶ月目も視野に入ってきて、もちろん、まだまだ不安ですが、自分の妊娠にも少しずつ自信が持てるようになってきたかなぁ💗って時期です。

この頃はまだ、基礎体温は37℃前後で、おりものは多めでした。

しかし、検診でも着実に赤ちゃんが大きくなっていることが確認できていたのであまり細かな事を気にしなくなって来ていましたよ☺✨

「この調子で早く不安な毎日から逃れたいー!」というのがこの時期の一番の気持ちでした。

妊娠を終えて振り返ると、一番心配で一番不安定な時期だったような…でも大事な時間だったなって思います💗

今、不安真っ最中の方、徐々に気持ちは楽になっていきますからリラックスしていきましょうね🎶

でも不測の事態が発生すると、そんなに穏やかにもいられません💦

安定期目前にして私の身に起きた「切迫流産」は精神的にとってもきついものでした😣

妊娠初期、突然の出血

ある日の夜でした。

仕事から8時過ぎに帰宅してトイレに行くとティッシュに少量の血がつくことがありました。

「えっ?!?!?!」

私はトイレで叫びました💦

なんで出血?着床出血以来の出血です💦

しかもその2日前が妊婦健診で、特に問題ない経過を確認したばかりだったのでショックでした…。

でも、ほんの微量でしたし、とりあえずあまり心配はせずに夕飯を食べることにしました。が…

夕飯後、再びトイレに行くとおりものシートにも赤茶色の血がついておりました😢

とっても不安になり、すぐさま検索。。。

出血の色や量が重要だという情報と、この時期の出血は何であれ危険という情報と様々なものがありました。

初診時に病院から渡されたプリントには、「コップ一杯分くらいの出血でなければ自宅で様子を見てください」と書いているし、おりものに混ざる程度くらいの量とも言えるほどの微量。

運よく、その日は2連休の前日であった為のんびり過ごして様子を見ようと決心しました。

心配しすぎても良くない!リラックス!そんな風に自分に言い聞かせて…

今この記事を読んでくれている方で、まさにその状況という方もいらっしゃるかもしれません。

私は親友や母親に報告・相談しましたが「そんな時期に出血はなかったなぁ…」なんて言われたので非常に不安になったのを覚えています😢

続く出血…不安。

そして翌朝、不安な思いでトイレへ行くと出血した様子はなくほっとしました。

しかし、排尿後にティッシュにまた微量の血がついてしまいました💦

病院に連絡するか悩みましたが、本当微量だし、病院が指定する「コップ一杯分の出血」には程遠い微量の出血。

って「コップ一杯で相当じゃない?!」なんて思いながら悩む私…

幸いにも私の仕事の休みの日だったため、ゆっくり体を休めて出血が止まることを祈る事に!

しかし、私の祈りは届かず、微妙な出血がそのあとも続いてしまいます💦

ベッドの中で不安と戦いながらひたすらネット検索する時間が続きます😢

どんどんマイナス思考になっていきました。

もし翌朝も出血があれば、「出血量が少なくても病院に電話しよう!」と私は決断しました。

「赤ちゃんの命を守れるのは私だけ、心配しすぎと思われても後悔するよりマシだ!」と思ったのです。

出血量も微妙なまま、「茶おり」というよりは血っぽく、しかし鮮血ではない血が結局ダラダラと続いてしまったので翌朝病院へ連絡しました。

妊娠初期13週目出血で病院受診

病院に電話すると症状を確認されました。

そして、「今日これからすぐ来れますか?」と聞かれ、そのまますぐ病院へ向かいました🏥

受付で電話した者だと伝え、診察券と母子手帳を提出しましたが、「母子手帳は今日は大丈夫です」とその場で返却されました。 

「母子手帳」はあくまでも「妊婦検診」の際に使用する物のようですね!

「緊急枠」ということですぐに診察して頂けました。

まずは内診で出血の状態の確認です。

いつも予約で行く曜日とも違ったのでこの日初めての先生でした。

先生の第一声は、「そんな出血しなかったんじゃない?」でした。

「はい…でも初めてだったのでびっくりして…」

先生「出血跡はあるけど赤ちゃんは元気だよ」

「よかったです」

先生「胎盤が子宮口に少しかかっているから出血しやすいかもしれない」

「…」

先生「赤ちゃんがどうのって話じゃないし大丈夫ですよ。なんか心当たりはある?」

「いやなにも…」

先生「日常生活だけで出血するのはよくないね~」

「…。でも、切迫流産とかではないってことですよね?」

先生「この時期の出血は切迫流産ということになるよ…」

そんな会話をしたあとに改めて別室で先生とお話をしました。

先生のお話だと「そろそろ落ち着いてきてもいい時期なのに…」ということでした。

電車に乗るときに走ったりとかしなかった?とも聞かれました。

私は特に生活や習慣を改めてはいなかったので、そのせいかな?と考えていました。

電車乗るときに…小走りして乗ることもありましたし、基本ドタバタしてましたし。

頭の中でグルグルと考えている時、

「まだお腹も大きくないし、妊娠している自覚がないかもしれないけど、生活を見直した方がいいっていうサインかもしれないね」と先生からのお言葉…。

「一度出血すると出血ぐせがついてしまうことがあるから、一回しっかり休んだ方がいいね。この時期に出血あったら普通二週間くらいは入院までではないけど自宅安静にして様子を見てもらうよ」先生の言葉にびっくりした私は、

「二週間?!?!?!」という感じに驚いてしまいました💦

まさか自分が切迫流産と診断され、二週間休めと言われるなんて💦

「病院から職場にお知らせする連絡カードっていうのがあるから、出しとくからね」

「出血が癖になると、本当に早産とかになるから今のうちにしっかり出血は止めておいた方がいいよ」

等々…色々とお話をされ、落ち込み、反省した私でした😢

妊娠している自覚がない…。

優しい言い方だったんですけど、なんかグサってきたんですよね…。

そして会計時に母性健康管理指導事項連絡カードを渡されました。

書類代として2000円ほどかかりました。

高っっ💦と心の中で突っ込んだ私。(笑)

帰宅後すぐに職場に連絡をし、「切迫流産」と診断されたことと「2週間の休み」を頂きたいことを伝えました。

やっぱり「妊娠してる自覚が足りなかったのかなぁ~」と、ただただひたすら落ち込んだ私でした。

そしてその日から私の2週間の辛い辛い自宅安静期間が始まりました。

切迫流産とは?自宅安静の2週間~妊娠初期13週目~でお話ししております。

最後までお読み頂いてありがとうございました✨

何か参考になれば嬉しいです。

こちらの記事もおすすめですよ♥

この記事を読んで下さっている方は、切迫流産や早産と診断されてしまった、もしくはそれらに「なりかかっている」と言われた方かと思います。 ...
出来れば考えたくもないですし、言葉にもしたくない「流産」ですが、残念ながら健康体の女性でも一定の確率で起きてしまうものなのです…Ƕ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする