妊娠中の夫婦関係は今後の人生のカギとなる

妊娠中の夫婦関係は良好?

妊娠期間は長いようであっという間ですが、この妊娠期間にお腹の赤ちゃんの成長だけではなく変化が現れるのが夫婦関係かもしれません。

きっと妊娠を通して、夫婦関係が深く強いものになったという方と、夫婦関係が悪化したという方、二つに分かれていると思います😣

何も変化のない方は極めてレアパターンでしょう💡

私自身、妊娠期間を通して主人とはいくつか問題があったなぁーと思いますが、結果として絆は強まりましたし、何よりいくつかあった問題にしっかりと向かい合ったことはこれから長く続く夫婦生活の中でも、きっと良かった事としての残っていくでしょう😊

そして振り返ると異常にイライラしたり、必要以上に気に障ったりしていたなぁと今なら思えます。やはりホルモンバランスの崩れが大きいんでしょうね💦

今だから落ち着いて振り返れることがいっぱいあるような気がします。

こちらでは

私が直面した様々な問題やその解決方法

などご紹介していきます💛

今現在、

「問題に直面していて精神的に辛いよ…」という方、

「妊娠期間を通して、夫婦の絆が強くなればいいなぁ💛」と思っている方、

是非、ゆっくりココロ安らかに読んでみてくださいね💗

妊娠初期に夫婦関係が悪化?

やはり妊婦のカラダに様々な変化が目まぐるしく起こる「妊娠初期」から、旦那さんとのトラブルが始まる方が多いようです😢

旦那様とのトラブルの主な要因は、妊娠によって体調不良や生活において様々な制限など、多くの事を我慢しているあなたに比べて、特別何も生活や体に変化のない旦那様に対するいら立ち…こんなところでしょう!

旦那さんも旦那さんで気づかいはしてくれているのでしょうが、自分の事で頭がいっぱいになっている妊婦さんはそんなことには気づきませんし、今まで気にならなかったようなことや目をつぶれていたようなことも気に障って仕方なくなります。

これが「ホルモンの変化」による影響ですね💦

誰だってありますから、そのど真ん中にいるあなたはあまり旦那さんを責めないでくださいね😊責めるのであればホルモンを責めるといいと思います👊

ここでいかにホルモンに責任を擦り付け、旦那様を認めてあげれるかであなたのプレママライフが大きく変わってくると思います💛

以下の点をポイントとして抑えておき妊娠生活をストレスフリーにしていきましょう✨

・身体に様々な変化が起きる妊娠初期が特にホルモンの影響が大きく、特に症状がひどいという事
・妊娠にまだ慣れていないのはあなただけでなく旦那様も一緒です。ここからゆっくり二人でプレママライフを楽しいものにしましょう❤
・どうしても苛立ちが収まらない時は全て「ホルモン」のせいにしてください。旦那様を責めないように。
・旦那様を責めなきゃ気が済まないときは、溜めずに伝えましょう。しかし最後に「ホルモンのせいでどうしてもこうなっちゃうから気を付けて!」などとあくまでもあなたのせいでも旦那さんのせいでもなく「ホルモン」のせいであることを強調しましょう。

妊娠初期は妊娠期間の中で1番長く感じるところでしょう💦

お腹の中の赤ちゃんからの反応もなく、毎日不安でいっぱいですからね😢

そんな時は旦那さんや先輩プレママに話を聞いてもらいましょうね💗

妊娠中期になってくると余裕が出てくるが、妊婦様になっていく

妊娠5ヵ月から7カ月の間がもっとも過ごしやすいと言われている妊娠中期ですね✨

「安定期」とも呼ばれていますので、体調が安定してくる方がほとんどでしょう💗

もちろんまだまだつわりが終わらない方もいらっしゃいます😢

しかしこの時期になると夫婦共々妊娠していることには慣れてくると思うので、わりと穏やかに過ごせるかもしれません。しかし私の場合はこの期間に問題が多く勃発したような気がしますね。それは私が「超絶妊婦様」になっていたことも一つの原因です。

主人も悪いですがね!(笑)

我が家の場合は喫煙問題と飲酒問題でした。

まず、喫煙問題ですが…

妊娠を機に前々から辞めると言っていたたばこをやめていたはずの主人が、実は辞めていなかったことが分かったのです。

自宅近くで喫煙をしている主人をたまたま早く帰宅した私が発見したという流れでした。

どんだけショックだったかは今でも覚えています…。

私が頭に来たのはたばこをやめていなかった事実より、やめたと嘘をついていたこと、自分でやめると言ったのにも関わらず実行できていないことでした。

我が家では大問題になりましたが、主人がはっきりと「家の中では絶対に吸わないし、一緒にいるときも吸わないし、迷惑はかけないと思うからやめたくない」と言ってきたのです💦

その時はもう意志の弱さに呆れ果てて、「開き直りやがった💦ダメな奴だ!」と思いましたが、何より喧嘩を続けることも嫌でしたし、本人がそう言及している以上絶対に辞めれないだろうと思い、そこからはもう勝手にしてくれと思うようにしました。

無理に辞めさせ主人が精神的に追い込まれうつ病になるのが怖かった…というのもあります。

それ以来そのたばこに関して私は無心でいるように心がけました✋

さすがに匂いが気になるときは言いましたけれどねっ

その時もホルモンのせいにして、「妊娠でホルモンバランスが変わって匂いに敏感だから、気を付けてね!!」と伝えた私です。

子供が生まれるのに父親が未だにたばこを吸っているなんてありえない!という思いはありましたが、時代に流され過ぎている自分もいたような気がします。

もう一つが飲酒問題

こっちは深刻でした。妊娠でホルモンバランスが崩れてなかったとしても大問題になっていたと思います✋

元々夫婦そろってお酒好きの私たちの趣味は昼間から二人で飲み屋に行ったり、二人で料理を作って家でゆっくり映画を見ながらお酒を飲んだりすることでした。

私の妊娠を機にその楽しみがなくなってしまったので、とても寂しいですし、うちの主人も一番の飲み友達を失ったような気分だったと思います。

もともと友達や仕事関係者と頻繁に飲みに行くタイプの私と比べて、主人は基本的には私と一緒か一人で家で酒を飲んでいるタイプでした。

もちろんたまには仕事関係もありましたが、たまにでした。

しかし、私が妊娠したあとは私ももちろん付き合いが減り家にいますし、主人は私が飲まないので家での晩酌の回数や量も圧倒的に減り、酒に強かった旦那は見る見るうちにお酒に弱い男子に変わって行ったのです。

そんな中、私も一緒で友人たち複数と飲みに行く機会もたまにありましたが、だいぶ酒に飲まれるようになっていきました。私は妊婦と一緒にいるのにもかかわらず、こんなに酔うなんて非常識で恥ずかしいと怒り狂っていました。

家で飲めない分、外に出ると自分が酒に弱くなっていることは置いておき飲みすぎる傾向にあったのです。

主人はとても素直な人なので毎度反省して謝罪はしてくれますが、学習しない主人にとっても嫌気がさしてきました。

お酒に対して私も神経を尖らせるようになっていたある日の事、まれにある職場関係の方との付き合いの飲み会に主人は参加していました。

私が妊娠7ヵ月の時でした。

さすがに帰りが遅すぎて心配だったので連絡をしましたが、全く連絡が取れず、結果朝まで帰ってこずという事件が起きたのです。

本人は何も覚えておらず、持ち物全てを無くしていました。連絡も取れないわけです…。

結果、携帯電話はタクシーの中に置き忘れたことがわかり戻ってきましたが、荷物は財布やカギなどの貴重品もすべて込みで戻って来ませんでした。

私の妊娠期間中に何てことしてくれたと思いましたし、もう怒り狂ってどうにかなりそうでした。

主人が無事だったことに心底ほっとしましたけど、もう信用のしの字もなくなりましたね。

これは妊娠期間中に最も夫婦仲を揺るがせた事件となりました。

今となって落ち着いて振り返れますが、あの時に主人が失った私からの信用は大きすぎましたし、心の傷になっています。一生かけて償てくれと本気で思っています。

しかし、こんな事件ですら振り返ると少し当時の自分が異常だったかのようにも感じるのです。離婚も考えましたし、朝まで帰ってこなくて一睡もできなく警察にも電話をしました。

ちょっと精神的にかなり来てたような気もするのです。

やっぱりホルモンの影響は大きいと思います✋

この一件は自分の中でけりをつけるのにかなり時間がかかってしまいましたが、何よりも主人の身を案じて心配した自分と向き合い、大切な主人の身になにかあったら私もお腹の中の子も生きていけないと不安になったのが何よりも大きかったのです。その不安が全部怒りに変換されたわけです。

ついつい何か起きてしまうと、主人の他の良いところなどすべて忘れてその悪いところ1点のみに集中し過ぎてしまうことがあります。

それだけのことを主人はしたとも思っていますが、もし私があそこで離婚を選んでいたらまじでホルモンに頭が侵されていたのだと思います。

選ばなくてよかった(笑)

どこの夫婦も色々なことがある妊娠期間なのです😣

ですから今すごく深刻に悩んでいる方がいましたら…大丈夫ですよ。あまり気負わないで下さいね…。

「私は妊娠しているのに!」

「私は妊婦で大変なのに!」

そんな思考ばかりして自分が一番大変でかわいそうだと思い込んでいた私はまさしく「妊婦様」であったと思います。

妊娠していることにだいぶ慣れてきた妊娠中期のことでした。

本物の絆を育んでいくべき妊娠後期

そしていよいよ妊娠後期です。

この頃になるともう二人で同じGOALを見ていますね💗

立ち合い出産をする旦那様はきっと病院へ足を運んだり、教室などにも半ば強制的に参加していると思うので妊娠初期のころと比べるとだいぶ変わっているのではないでしょうか。

またお腹の中の赤ちゃんの胎動もとても大きくなっているので、ご主人も一緒に感じれますよね。

私の場合は、妊娠後期になってからはホルモンバランスが崩れてるなぁと感じることは減ったような気がします。この時期になると赤ちゃんの物を用意したりして夫婦で話し合うことも増えているのではないでしょうか?

しかし、旦那様によってはどこか非協力的だったり、ちょっと他人ごとぽかったりするような様子が目立つ人もいるかもしれません。

「女は子供を出産して必然的に母親になれるけれど、男は違う」なんていう話があります。

私たち女性が思っている以上に男性は父親に簡単になれないのです。

それは生物学的に仕方のないことだと割り切りましょう✨

しかしご主人をいいパパにしてあげるのもあなたの頑張りどころかもしれません💗

私はどんな小さなことでも相談し、二人で決めるようにしてきました✨

そしてやるのが当たり前だと思うように何でも頼んでいます。そして必ず「ありがとう」を言います。

実際主人のほうが得意なことだって沢山ありますからね。

ご主人を信じて色々なことを任せたり、甘えたりすることがとっても大事だと私は思います。

妊娠後期は特に体が辛く、思うように動けない時期です。産後はもっとそうなります。

ただご主人にイライラするだけではなく、頼って甘えて、パワーUPしてもらいましょう💕

気付けばあっという間に出産を迎え、赤ちゃんに会えるという二人で夢見たGOAL地点になっているのです。

しかしそこはこれまでの妊娠期間より、もっともっと長く続く家族で歩く長い道のりのスタート地点なのです✨

いい夫婦であり、いい父と母であり、いい男と女でい続けたいですね✨

最後までお読み頂きありがとうございました。

妊娠中の夫婦関係が益々よくなりますように…

こちらの記事もおすすめです♥

今回はズバリ!!世の中の旦那様に向けて、 子育て中の奥様から、 「まじ旦那が嫌いになったわ…」 と言われないための、たった...
女性にとってビックライフイベントである出産。女性にとってだけではなく、夫婦二人にとっても大イベントなはずです。 そんな大イベントを前に...
妊娠23週の頃の皆さん、体調はいかがですか? 安定期を楽しんでいますか? あっという間に妊娠後期に突入してしまいますので、今のう...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする