乳腺炎で寒気と熱で震えた日〜自力で治した私の体験記〜

母乳育児の方なら誰もが怯えるのが乳腺炎ではないでしょうか?

ずばり2割の方はなるようで、決して珍しいことではありません😣

こちらでは私が自力で治した、

「乳腺炎体験談」

をご紹介致します💕

「症状が乳腺炎っぽい…」

「高熱が出ているけど、今すぐには病院には行けそうにない」

なんて状況に出くわしている方、是非読んでみて下さい✋💕

驚異の寒気!

産後1ヵ月と1週間。

1ヵ月健診も終わったので、「ついに外に出れるぜ!!!」と思い、健診後、ほぼ毎日買い物や散歩やとちょこちょこ外出し1週間過ごしました。

私が乳腺炎を発症したその日も、昼過ぎから散歩がてら徒歩で買い物へ!

抱っこっ紐で我が子を抱え、2月の寒空の下でしたが、やっと外出できるようになったのでうれしくてルンルン♫寒さ何て気にならないって感じで、抱っこ紐の中で永遠に寝る我が子に話しかけながら、楽しいお散歩をしました。

いつものスーパーにもより、だいたい1時間半ほど外出をし家へと戻った私です。

後半は両足や体が妙に痛くて、やっぱり1ヵ月も家の中にいたせいで運動不足なんだなーなんて考えてました。

家に着き、おやつタイムにでもしよーかな♫と思い、牛乳を温めクッキーを食べようとしたのですが…な~んだか…体が重いようなだるいような。

そして次の瞬間、体中に妙な寒気を感じて、ガタガタと震えだした私。

なんじゃこの寒さはーーーーー!!!って感じでした。

経験したことのないような寒さに襲われて、本当耐えられない。

でもおやつは食べたい!って気持ちは消えず(笑)

ひとまずヒーターをONにし、ホットミルクで温まりながらクッキーを食べました。

ホットミルクなど、体を温めるような飲み物は逆効果だと後程わかりました。

その間もずっとガタガタガタって体が震えてて…

これはちょっと普通じゃないなっていう悪寒だったので、とりあえずベッドに入ろうと思い、すぐにパジャマへ着替え、寝室へ。

我が子も抱っこして寝室に運びましたが、なんかもうギリギリって感じでした。落とすんじゃないかってくらいガタガタして。

こりゃあ熱がありそうだな~っていう体調の悪さ。

39度の熱!インフルか?!もしや乳腺炎?!

数日前から胸がチクチク痛かったりしてて、これで熱があったら乳腺炎かもしれないっと頭をよぎりました。

頑張って震えながら布団へ移動し、体温を測ると、なんと39度2分あるじゃないですか!!!

その時は胸の痛みを感じるってよりはとにかく寒気と頭痛、そして全身が痛い感じで…。

こりゃあ…寝るしかない…と思いながら、友人に連絡。

友人は、

信じられない寒気を感じて胸が痛いのであれば絶対乳腺炎だ!

と言ってました。

うん、なんか私もそんな気がしてました…

でも90%は乳腺炎だなって思い、10%はインフルエンザだったらどうしようって恐怖がありました。

乳腺炎は自分が辛いだけですけど、インフルだったら我が子にうつっちゃうかも!!!って焦りました。

あと主人にも!(笑)

最近ちょこちょこ外出しちゃったからどこかでウィルス貰っちゃたのかなぁーなんて。

でも症状は完全に熱と胸のチクチクしかなかったですし、きっとインフルじゃないだろう!ってことにして、乳腺炎について徹底的に調べました!

意識もだいぶ朦朧としていて友人と連絡とりながらネットで調べて…目も開けていると何だか痛くてかなり辛かったです。

私の友人は過去に何度も乳腺炎になっていて、その都度病院へ行っているようです。

病院に行くと抗生物質を貰えたり、点滴をしてくれたり、マッサージをしてくれたり…だそうで即効治るって話していて、私も行こうかなと思ったのですが診察終了まであとわずかっていう時間でしたし、まずこの状況で病院には行けない!って感じの体調でしたのでこれは自力で治すしかない!と思いました。

乳腺炎を自力で治すために!!私が実践した事

乳腺炎とは古いおっぱいが残ってしまっていることで、そこが炎症を起こしてしまうということです

なのでこの悪さをしている炎症部分、つまり、古いおっぱいが体外に排出されれば炎症が治るっていうことでした。

溜まっちゃう理由としては、

乳腺が何らかの理由で詰まってしまっていてそこからおっぱいが出てこないということや、赤ちゃんの吸い方に偏りがあったり、ママの吸わせ方も原因で均等に吸わせれてないなどが考えられます。

他にも、甘い物や油物を食べ過ぎると乳腺が詰まりやすい、おっぱいのあげ方に左右差がある、授乳の際の姿勢が悪い、などなど理由は多く挙げられます。

この乳腺炎、絶対に、寝ているだけでは治りません。

とにかく悪さをしているおっぱいを外に出す!ということが重要なようなので、

✔1時間半おき位に授乳をする

✔搾乳しまくる

✔色々な方向から揉みほぐす

✔保冷剤でおっぱいを冷やす

✔ご飯はしっかり食べる

を私は徹底して行い、結果、4時間ほどで39度2分から37度3分に熱が下がりました。

更にその8時間後には35度台まで下がり、約12時間で4度も熱が下がったのです。笑

さすがに驚異のスピードで驚きました。

乳腺炎の原因〜私の場合〜

乳腺炎は悪化すると発熱するというらしいですが、こんな短期間で治った私はそんな深刻な乳腺炎ではなかったのかもしれません。

しかも、インフルエンザ?!って思うくらい、胸の痛みも激痛ではなくチクチク痛む程度。

しかし振り返って考えると、チクチクはだいぶ前からあり、特にここ数日は悪化してました。

更にここ最近は頻回授乳から脱出しようと、授乳の間隔を空けることも多かったですし、前日の夜間には初めて5時間も空けていました。

我が子も成長して、長く寝れるようになったな❤と喜んでいたのですが、私の身体がついてきてませんでしたね😔

流石に39度超えると本当に辛いです。

更に授乳の体勢も自分的に全然確立出来ておらず、我が子は乳首を浅吸いしています。浅吸いも飲める量が少ないため乳腺炎の原因として考えられます。

私の場合はちょっと考えるだけで沢山原因が考えられました。

しかも、乳腺炎は繰り返しなりやすいようです。

なった原因を考えて改善しなければすぐにでもなりそうな気がして怖いです。

自力で乳腺炎を治した体験談、まとめ◎

私の場合、高熱は出たものの驚きの早さで回復しました。

状況的に病院へすぐには行けなかったのでなんとかして自力で対処しようと思いましたが、自己流の対処は危険だと言っている方も沢山います。

また私の場合はたまたますぐ治りましたが、数日熱が下がらない場合もあるようです。

状況が許すのであれば病院へ行くのが一番でしょう。

長引かせずに済みますし、何よりマッサージや薬の処方など処置をしてくれます。

間違った自己流の方法で処置をし、悪化させてしまうと、最悪切開することにもなり兼ねないようです。

私は発熱が主な症状で痛みは僅かでしたので、自分で絞ったり授乳が出来ました。痛みが酷いと無理だと思いますし、激痛であれば炎症が進んでいることに間違えないと思うので、痛みが酷い場合は悩まずに受診することをおすすめします。

もし、病院に行くことが厳しい場合、自宅に出張してマッサージをしてくれる助産師さんもいるようです。

基本地域密着で個人で行なっている場合が多そうですが調べてみて下さい❤

あとは乳腺炎を繰り返さないために普段から予防することも大切です!

✔我が子に乳首を浅吸いさせないように気を付ける

✔母乳体勢の見直し、授乳クッションなどを活用し負担のない体勢に

✔乳腺炎の原因になる母乳つまりを解消する為に、普段から『AMOMA』のオーガニックハーブティーなどを飲むこともおすすめ!

母乳育児をしていると何かとトラブルが多く、大変ですよね。ママが体調を崩してしまうと、もう大変ですよね💦何より自分が辛いです😩

授乳は限られた時間しか出来ない、母と子の大事なスキンシップの時でもあります。

トラブルに負けずに頑張りましょうね❤

こちらの記事もおすすめですよ♥

毎日母乳をあげている世の中のママ達!お疲れ様です💛 母乳をあげているママ達が気になっているのが、 「母乳育児をい...
母乳が出すぎて困っていますか?? みなさん、赤ちゃんとの生活楽しんでいますか?😍 きっと妊娠中から赤ちゃんが産まれた...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする