産後に花粉症を発症?!ってよくあること?!

花粉症と無縁だった私が産後に…発症…?!

無事に出産を終えても休まる間もなく怒涛の育児が始まりますね。
育児中の皆さん、頑張っていますか?
初産のママは特に、経産婦のママだって、産後は大変な時期を過ごしていますよね…。

1人目でも2人目でも子育てはその子によって全く違うものですからね…毎度毎度違った苦労や心配があることと思います。

そんな私は現在一人目の育児に奮闘中です!

産後のカラダの疲れは徐々に回復してきて、少しづつ元通りの生活を取り戻していっている最中です。

しかーし!

ここで私の身に、思いもよらぬ変化が起こっているのです…

風邪をひいている様子はないのですが、鼻水が酷く…、くしゃみも出て…、目からはやたら涙が出たりするわけです…これって一体?!

まさか、まさか、まさかの花粉症??!?という事で現在とっても怯えている私です…
今までの人生花粉症と無縁でやってきました。

花粉症の方を本当に大変そうだなぁ…気の毒だなぁて…見てきた私ですが…そんな私が花粉症を発症してしまったかもしれないわけです。

このタイミングで花粉症デビューなんて勘弁してくれーって感じです。

出産というのは激しく「ホルモンバランス」が変化します…。
身体の中が著しく変わっている中で産後に花粉症を発症した!という話は少なくないのです…。

ただでさえ慣れない育児に大変なのに…今はやめてくれっていう感じですよね。

ではでは、なぜ産後に花粉症を発症するのでしょうか?

産後に花粉症を発症する理由

産後に花粉症を発症するという話はよく聞く話です。
「出産で体質が変わって…」ということで、花粉症に限ったことでは無く、その他のアレルギー症状が強くなったり、風邪をひきやすくなったり、太りやすくなったり、肌が弱くなったり…などなど色々あります。

でも、これらは医学的に何か理由がある!ということでは無さそうです。

例えば花粉症に関しては産後に発症しやすい!という訳ではなく、

「たまたま産後に発症した」「花粉症を発症するタイミングが産後だった」

というだけの可能性もあるのです。

花粉症に関してよく言うのは、みんな花粉を溜めるバケツを持っていて、そのバケツがいっぱいになって溢れてしまった時に花粉症を発症する!という話です。
バケツの大きさも個人差があるでしょうし、今まで住んでいた環境や、個人の体質によってもバケツに花粉を溜めやすい人とそうでない人がいるのだということですね。

私の主人は重度の花粉症のようで薬も飲んでいます。

可哀そうだなぁ~と思っていました。もう他人ごとではない私ですが…

逆に私の家族には花粉症の人は一人もいないのです!
父も母も姉も花粉症とは無縁!
相当大きなバケツをもっているのでしょうか?
そして今回私が出産を機に花粉症を発症してしまった可能性がありますが…

産後のホルモン変化で一時的にアレルギー症状が出やすくなっている!ということも考えられるようです。
どうか一時的なものであってほしいと祈る私です…。

他にも理由としては、
産後のカラダで免疫力が低下していて、アレルギーに反応しやすくなっているとも考えられます。

人を一人産んでいるわけですから様々な変化が体に起きて当然なわけです。

授乳中の花粉症対策は?!

では実際花粉症になってしまった場合…私たちはどうすればいいのでしょうか?!

授乳中なんだから飲める薬はないでしょう?
と思われますよね…
私もまだママ初心者なので知識が少なく、「授乳中=薬はNG」 と思っていました!

ですが実際のところ、授乳中でも飲める薬はあるようです!

しかも少しではなく、複数あるようです!

医学的な事なのであまりお話はできませんが、花粉症でよく聞くお薬で授乳中に飲んでも大丈夫!と言及しているサイトが多くあります。

しかし、それらの薬の注意事項には実際のところ「授乳中はNG」の記述があるようなので見解はさまざまなわけです!

お医者さんがOKと言って処方するパターンもあるよですが、可愛い赤ちゃんの為にも市販薬はむやみに服用せずに要確認・相談をしてから服用すべきと思います。

そんな中、薬よりも安心なのはやはり漢方ではないでしょうか?
妊娠中・授乳中通して、漢方ならおおむね問題ない様子です。

私が通院していた病院でも妊娠中に便秘なので漢方が処方されておりましたよ!
花粉症に効く漢方ももちろんあります。

しかし、漢方の場合も赤ちゃんへの影響が全くないという訳ではないようです…

摂取した漢方の1パーセントが母乳を通して赤ちゃんへ移行するとも言われております。

この1パーセントが一体どんなものなのか、果たしてどんな影響が赤ちゃんにあるのかはちょっと気になりますよね。

薬や漢方、どちらにしろ専門家のアドバイスの元で服用するようにしましょう!

何より安心なのはハーブティー

やはり薬や漢方は専門家からの処方が必要だと思うので、今すぐに簡単に服用は出来ないですね。

そこで最も安心なのがハーブティーではないでしょうか??

私は妊娠を機にハーブティーをよく飲むようなりました。

ノンカフェインで多くのフレーバーがあり、まさに妊婦さんや授乳中の女性の強い味方!って感じですよね♫

味や効能も幅広くありますので、是非是非、自分にあったお気に入りのハーブティーを見つけて頂きたいと思います❤️

ここでご紹介するのが花粉症にも効果を発揮するハーブティーです☕️
こちらが公式サイトになります

ドイツ自然療法師が処方した飲むメディカルハーブです♫
ハーブには数多くの種類があり、妊娠さんや授乳中に女性が控えるべき物もあります。
こちらは妊娠中や授乳中の女性もOKと言及されてますので安心ですよ!
妊娠中はもちろん授乳中も自分一人の体ではありません!

愛する我が子の為に、どんなことでも最良の選択をしていきましょうね❤️

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする