妊娠中のインフルエンザは怖い…。ワクチンは打てるの?

毎年必ず流行する「インフルエンザ」。

だいたい11月末頃から、3月あたりまでが流行期間のようですね💦

妊娠中でなくても絶対にかかりたくないですよね💦

こちらでは、

・妊娠中にインフルエンザにかかってしまったらどうなるの?
・かかってしまった際の治療法や胎児への影響
・ワクチン以外に妊婦さんが出来るインフルエンザの予防方法は?

等について綴ってまいります🎶

「インフルエンザのワクチンを打つか悩んでいる…」

「ワクチンを打つのは嫌だけど、かかったらどうしよう…」

なんて思っている方々、読んで下さいね✨

妊娠中にインフルエンザにかかってしまったら?!

皆さんはインフルエンザのワクチンは打っていますか??

私は人生で1度も受けたことがありません✋

そしてインフルエンザにもかかったことがない!というのがちょっとした自慢でしたが、2年ほど前に初めてかかってしまいました…😢

その時思ったことは、インフルエンザにかからなかったのはラッキーだったというだけなんだ!ということですね。

きっと私のように「私はかからない!」と信じている方、いるでしょう…。

誰でもかかるんですよ✋

因みに私が感染したのは2月の末でした。職場で少しだけ流行っておりました。

インフルエンザになったことがない!というのは妙な自信になってましたが、打ち砕かれましたね。(笑)

妊娠する時期によってはこの流行時期に被らない方もいるかもしれませんが…5ヵ月程流行期間があるので誰もが少しは影響を受けてしまうのではないでしょうか?

私の産院では「インフルエンザのワクチンの予約が始まりましたが、どうされますか?」と受付で申込用紙を渡されました✨

一度も打ったことがないワクチン…。

そもそも妊婦もワクチンを打てるという事に驚きました!

しかし、あまり気が進まなかったので「家族と相談します」と言って一度持ち帰ることにしました。

主人と相談し、「打ってもかかるときはかかるし…」「一度も打ったことないのに妊娠している身体で打つのも怖い…」という理由から打たないという決断を私はしました!

しかし、後々調べてみると…、免疫が低くなっている妊婦さんがインフルエンザに感染した場合、重症化する可能性は妊娠していない人の10倍!という情報を見ました。

10倍って!めちゃくちゃく多いやん!と思った私は少し後悔しました😞

もちろん妊婦さんだけではなく、子供や老人も同様に重症化する可能性は高くなります💡

妊婦さんがインフルエンザにかかってしまった際の治療法

もし妊娠中にインフルエンザにかかってしまった場合は、薬を飲んで治療するようです。

一般的にインフルエンザの際に処方される薬は2種類あり、1つはよく聞く「タミフル」、もう1つは「リレンザ」というものです。

リレンザは専用の器具で吸引するタイプのものとなります。

私がインフルエンザにかかったときに処方されたものはこのリレンザというものでした。

病院の後に薬を処方してもらう薬局で、その場で吸引しました。

インフルエンザで熱もあり頭は朦朧しているし、初めての薬だし、よくわからずにとりあえず言われるままにやりましたが「もっと吸って!もっと吸って」と言われたのを覚えています💦

このリレンザに関しては、薬が局所的に効くようで、血液にうつる割合がごく微量と言われているそうです💡

よってお腹の中の赤ちゃんに影響を与えることなく、インフルエンザに効果を発揮してくれるといわれております✨

有名なタミフルに関しては、妊娠がどうとかというより、数年前に服用した人が突発的に飛び降りたりなど…異常な行動が見受けられてニュースで話題になりましたよね🙄

あれは何だったのでしょうかね…💦

タミフルに関しても妊婦さんや胎児への影響など特に発表されているものは今のところないそうです。

なので、病院の先生の指示に従い、感染してしまった場合にはどちらかの薬が処方されることになりそうです。

妊娠中にインフルエンザにかかってしまった際の胎児への影響

ワクチンを打つかどうか悩んだ際に私はしっかり情報収集を行いませんでした。

なので後々、怖くなってしまいました😢

事前の情報収集をした上で、しっかり家族と相談し、判断することが必要です💡

妊娠初期にインフルエンザにかかってしまうことで「先天性異常」を言及している先生もいます。ですが、基本、母子感染はしないという情報や、その赤ちゃんが成長した後々に統合失調症や双極性障害になるリスクが上がると述べている先生もいます…。

医学的な事なので、私も詳しくはわかりませんが、可能性があると言われていることをどれだけ気にして予防するのか、それは妊婦さん一人一人の判断になってきます💡

インフルエンザのワクチンは基本的に妊娠中に受けても問題のないものとしているので産院によっては積極的に接種を推進しているところなどもあるでしょう✨

このあたりも病院の方向性によって異なってくるんだと思います。

沢山ある情報の中から、何を選ぶのか、何を選択するのかはあなたの判断になります。

赤ちゃんが産まれたらこの選択がもっともっと増えるのですよね…🙁

ワクチンを打たない上で出来る予防法

私のようにインフルエンザワクチンを受けないと選択した方、もしくはワクチン切れで受けれなかった方は自分が出来る最大限の努力をして予防することが重要です✨

当たり前のことになりますが、

・手洗いうがいを徹底する
・アルコール消毒をまめにする
・体の免疫力を高める食生活を心掛ける
・不要な外出を避ける
・屋外ではマスクを二枚重ねにする

等々…

いかがでしょうか?

いくつか挙げてみましたがきっと他にも自分で簡単にできる予防法はあると思います✋

又、ワクチンを接種したからと言って100パーセントインフルエンザを防げるわけではありません…。

どちらにしろしっかりと予防を行うことが重要です💡

病気知らずで出産まで行きたいですよね✨

頑張りましょう💗

最後までお読みいただいてありがとうございました💗

何かお役に立てれば嬉しいです✨

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする