学資保険とは?いつから考えるべき?プレママへの超簡単学資保険講座✨

妊娠中って何かと忙しくてついつい色々な事を後回しにしてしまいますよね??

でも産まれてしまうともっと忙しいんです💦

私は出産後に「〇〇しておけば良かったな…」って思ったことが沢山あります💦

出産後に比べたら、妊娠中はまだまだ余裕があります!

こちらではお腹の中の赤ちゃんの「学資保険」についてお話ししたいと思います💛

「学資保険ってなに?」

「学資保険はお得なの?」

とサッパリわからないという「学資保険」の初心者さんに、

・学資保険とは何なのか…
・ぶっちゃけ意味あるの?
・メリットはなに?
等々、綴らせて頂きたいと思います💗
こちらでは特に特定の保険をおすすめするのではなく、
「学資保険についてどう考えるべきなのか…」についてお話していきます✨

プレママのうちにちゃんの学資保険について学ぶべき理由💛

みなさんは学資保険についてどのようなイメージをお持ちでしょうか?

「学資保険って何?」

「興味はあるけどまだ生まれてないし…」

「自分たちで貯金すればいいかなぁ…」

色々な考えがあるかと思います。

保険は所詮、保険ですからね!保険って一番個人の「価値観」が反映されるものだと思います。

例えば「海外旅行」✨

「死亡保険」まで付いていて、金額の大きい「保険」に入って行く方もいれば、「クレジットカード」に付随している保険のみを使う方、空港で一番安い簡単なものに入る方、様々だと思います!何も入らない方もいることでしょう✨

「何か起きてしまうかもしれない…💦」という可能性に対して、どれだけお金をかけるかは悩ましいところです😣

ですが、入るか入らないかは別として、「知識」を入れて、「情報収集」をしておくことはとっても重要です💗

「ぶっちゃけ学資保険は必要なのか?」

に関しては、あなたとご主人、サポートしてくれている家族の価値観によると思います。

しかし、生まれてしまいますと慣れない育児にクタクタになってしまい、「それどころじゃないよー!」って思います。

まだお腹の中にいるプレママのうちに、これから対面する我が子の将来に思いを巡らせながら情報収集を行いましょう💛

以下に簡単にプレママのうちに知っておくべき学資保険の色々をまとめております💛

プレママのための超簡単学資保険講座

学資保険とは…

あなたのお子さんの「将来的な教育資金の確保を目的とした保険」のことです!

保育園や幼稚園などもですが、高校入学時、大学入学時など節目節目には大金がかかってきます💦

基本的には毎月決まった額の保険料を払い続ければ、祝い金や満期学資金として、契約時に決めたプランに応じて、その時々のお子さんの年齢に合わせた給付金が受け取れる保険のことです💛

学資保険っていつから入るものなの?

学資保険って一体いつから入るものか微妙なところですよね💦

とあるアンケートによると、保険に加入した方の中のうち、妊娠中に入る方が数パーセント、生後6ヵ月頃までに入る方が約半数ほど、1歳になるまでに入る方が20パーセントほど、そしてそのあとは半年ごとに数パーセントほどいまして、だいたい3歳までに加入する方が主のようです💡

なので3歳ごろを過ぎてしまうと、「タイミングを逃したなっ…」という感じで他の資金確保の方法を考えられるのでしょう。

タイミングとしては生後半年以内の方がほとんどですので、プレママの時期から学資保険に関してはしっかり情報収集しておく必要があると考えられます✨

学資保険はいくらかかるの?

なによりも気になるのが費用ですよね。

いくら子供の事を思って加入を決意できても毎月の支払いが滞りなく行えるのかは不安なところです😣

学資保険を扱っている保険会社は多くあり、価格は非常に様々です。

もちろん価格によって保障内容が変わってくるのでしっかりと比較していかなければいけませんね。

学資保険に加入している方の支払額の月々の平均は、約1万~1万5000円と言われております。

受取総額の平均は200万~250万ほどになりますので、おおよそ0歳の時から月々1万円を12カ月支払い、それを18年継続しますと…、216万円ですね!そのような計算です!

「毎月支給される、児童手当を学資保険の支払いにあてる」という方が多いと思います💡預金口座にいれているだけだと、「保険」にはなりませんが、学資保険の支払いをすれば貯金は出来ませんが、「保険」となり最終的には「貯金」になるのです。好きなときに引き出せないことがデメリットです。

学資保険に加入する1番のメリットはなに??

学資保険の1番のメリット、それは親に何かあった場合にも、「子供の教育費が保障される」というところではないでしょうか?

難しい話は出来ないので簡単に書きますが…、「銀行で自分の貯蓄」するよりも保険に加入し支払った方が戻ってくるお金は増えます。しかし倍になるわけではなく、ほんと数万円程度増えます!といったレベルです。

なので「自分で貯金する額と比べて大して増えないのであれば…いつでも引き出せるほうが安心かな」という考え方もあると思います。

しかし、これは保険です!

保険ですので、例えば…、親が病気や事故で亡くなってしまって子供の教育費が払えなくなってしまった…」としても、その保険に加入時の契約内容でしっかり満期金を受け取ることが出来ます。もちろん毎月の支払いはなくなります💡

保険というのはそういうメリットがあるのです💛

保険の方がどれだけ増えるのか…、得なのか、損なのかという話だけではなく、子供の将来が不幸の際にも守られるのです✨

学資保険講座とめ「赤ちゃんの為に一度は検討すべき!」

学資保険にわざわざ加入しなくても十分な預貯金がある、他に加入している保険で教育費は賄える…などそれぞれ状況はさまざまかと思います。

しかし、一度はしっかり子供の将来のために検討することが重要です。

子供の成長や教育をサポートするという面に特化しているのが「学資保険」なのです。

情報が溢れている現代ですが、サクッと調べるだけではなく、そしてただ「損か得か」などという視点からだけではなく幅広い視野で考えてみるといいと思います💛

生まれてからではじっくり旦那さんと話し合ったり、資料を見比べる余裕がなくなってしまいます💦

そういった意味でもプレママの時に「学資保険」に関して検討することは後々の助けになりますよ✨

また、支払額もママやパパの年齢、すなわち加入のタイミングによって変わってきますので早いに越したことはありませんよ💛

保険に関しては専門の窓口で相談するのがベストです💛プレママの時間のある間に是非「無料相談」へ行ってみましょう!やはり、専門家は色々な提案をしてくれますし、第三者にアドバイスを頂けるって現状を見つめ直すにはとても貴重な事です。

学資保険のことだけに限らず、新しい家族を迎えた後のライフプランを旦那様と話し合うことや検討することもプレママとして大切な仕事です💛

まだ見ぬ赤ちゃんの将来の為に、しっかり考えましょうね💗

最後までお読み頂き、ありがとうございました💗

保険のお悩みはプロに相談【保険コネクト】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする