妊娠後期9ヵ月目!仰向けも苦しい!赤ちゃんも苦しいの??

間もなく35週迎える方、いまちょうど35週の方、体調はどうですか?😊

とにかくお腹が大きくなってきて寝ているときに苦しくなりますよね💦

この頃は睡眠中に苦しさを感じてなかなか寝付けませんでした😣

また、寝つけても頻繁に目を覚ましてしまい、なかなか質のいい睡眠がとれなくなっていきますよね。

こちらでは、

・仰向けで苦しい35週目のおすすめの睡眠方法、シムスの体位について
・ママが苦しい時は赤ちゃんも苦しいの?

等々、お話ししていきたいと思います💛

あなたの苦痛を少しでも和らげる情報をお届けできれば嬉しいです💛

妊娠後期9ヵ月の35週目、仰向けで寝苦しい💦

9ヵ月の35週の頃になると、お腹で内臓が圧迫されている感じがよくわかりますよね💦

ただでさえ疲れやすい妊娠中、睡眠はしっかりと質の良いものをとりたいですねよね✨

仰向けで眠るのがとっても苦しいこの時期、おすすめの睡眠の仕方はやっぱり「シムスの体位」です💛

シムスの体位の取り方

左を下にして眠り、右側の足は足の付け根から曲げる。右足は左足にのせずにベッドの上。

お腹を圧迫しないように少し前かがみの姿勢です。

楽な姿勢に落ち着こうとすると自然に取れている姿勢かもしれません💡

更に楽になるおすすめの寝方は?クッションや抱き枕を足の間に挟んで眠る。※産後は授乳用クッションとして使用できる「三日月型のクッション」を使うのも快適でおすすめです!

シムスの体位がいいのはなぜ?

消化のためには右下で眠るのがいいと聞きますが、シムスの体位は左下!

これには静脈や動脈が関係しているようです。

私達のカラダは、左側に大動脈、右側には大静脈が通っています!

まずここからよくわかっていませんでしたが💦笑

それで、静脈は動脈と比べると血管に弾力性があまりないようで右下にして寝てしまう、もしくは仰向けでもその静脈が押しつぶされてしまうのだそです💦

それが原因で血流が悪くなるため、寝ている間に息苦しくなってしまうそうです💦

血流が悪くなり、寝ている間に浮腫みも助長されてしまうそうです…それは嫌ですよね💦

みなさん絶対身体は左下にして眠りましょうね!

赤ちゃんも仰向けは苦しいの??

では、「シムスの体位以外」で寝た場合、赤ちゃんは苦しいのでしょうか??

これに関しては諸説あるようです💡

日本では主に、「仰向け寝」などで赤ちゃんにかかる負担は無いと言われております!

しかし、先程お話ししたように、ママの体の血流が悪くなる関係で、ママの体が浮腫んだり、動機やめまいなどを引き起こす可能性もあり、よって赤ちゃんに上手に栄養が行かなくなる…という意見もあります💦

外国では「死産のリスクが上がる」なんていう報告もあるそうなんですが…信頼できる情報かどうかは定かではありません。

「仰向け」など「シムスの体位」以外で寝てもママが苦しくなければ大丈夫✨という見解が私は正しいと思っています。

何事も可能性の話なので、左下のシムスの体位にして寝て快適であれば、それに越したことはありません✨ですが、左下にして苦しいのであれば意味がありませんよね💦

私は基本左下のシムスの体位を心掛けていましたが、仰向けや右下の方が快適だと思う時は都度変えていましたよ!それで特に問題になることなく元気な赤ちゃんを産んでいます💛

皆さんも色々と体勢を変えて調節してみてくださいね💗

出産まであと少し!質のいい睡眠を!

37週目からは正産期に入ります!

赤ちゃんが生まれても問題ない時期ですね💛

あと2週間ほどで赤ちゃんに会えるかもしれません!ワクワクしますよね!

この時期は生まれた後、赤ちゃんにミルクをあげるために、夜中に数時間ずつ目が覚めるようになるとも言われています✨

「寝苦しくて目が覚めてしまい辛い…💦」と思うかもしれませんが、そんなふうに自然と身体が赤ちゃんのために準備を始めているのはとっても素晴らしいことだなぁと思います💛

さぁ、赤ちゃんに会えるまであと少し、頑張りましょうね💛

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする