妊娠5ヵ月18w0dの頃 実家への帰省を断念

妊娠中の皆さん、体調はいかがですか??働くプレママはそろそろ職場への報告は済みましたか??安定期に入り、心身ともに少しは余裕が出てきましたか???

こちらでは、

・私が妊娠18週だった頃の体調
・妊娠18週の頃に注意したことや不安だったこと
・断念した「帰省」について
・18週の頃の体重増加
・お腹の赤ちゃんの様子

など綴っております✨

ちょうど18週頃の方、ぜひ読んでみてください💛

妊娠18w0d頃の私

切迫流産からの自宅安静期間を経て、仕事に戻って2週間ほどが経ちました💛

安定期までもう一歩と思っていた頃に切迫流産と診断されてしましました。 2週間の自宅安静期間で妊娠について仕事について考えました。

休んでた期間は毎日がとっても長く感じていたのに、いざ日常に戻ると、あっという間に元の生活に戻れてしまうものです✨

仕事の仲間も私が休んでいた頃を徐々に忘れてきているような感じで、仕事場でも日常を取り戻せてきてほっとしていた頃です✨

しかし、病院の先生からは、

一度出血すると出血癖がついてしまうからね、切迫早産になりやすいんだよ」

なんて言われていたので油断は禁物です。

しかし、また違う先生からは、

「僕はあまり安静とか好きじゃないんだよね。安静にしててもダメなときはダメだからね。もう少し大きくなって助けられる時期に入れば別だけど…普通に生活して大丈夫だよ」なんて言われたりもしていました。少々困惑しました💦

先生によって考え方は全然違く、それをどう受け止めるかも妊婦さんによって全然違うわけで…「あまり考え過ぎない💛」ということに越したことはないわけです✨

そんなこと言っても我が子の命がかかってるかもしれないと思うと、気が付くと悩んでいて、ネット検索の無限ループに巻き込まれています💦

ここに辿り着いた皆さんの中にも同じような方いますよね!

今はきっと、こういう時期なんです!不安が不安を呼んで不安しかありません😢

しかし、13週以来出血も一切ないわけで、もし緊急で受診した日に担当の先生が違ければきっと「自宅安静」とは診断されなかったかもしれません…。

先生の見解は様々です💡

そんな考えても仕方ないことで頭をいっぱいにしながらひたすら我が子が元気に育つことを願うばかりです💛

帰省を迷う

ちょうどお盆の帰省を検討しなければならない時期です。

私の実家は近く、いつでも会える距離ですが、主人の実家は東北地方。

東京からは新幹線だと2時間ほど。新幹線は早いですね。

しかし夫婦二人のお盆時期の新幹線の運賃はなかなか高いわけです…。

費用を気にして車で7時間ほどかけて帰省しているのが例年ですが、渋滞などに巻き込まれることを考えると夜中出発が好ましく、それで旅費を節約している私達夫婦です。

しかし、今年はどうでしょうか…。

妊婦の「帰省」は悩みますね💦

「切迫流産」明けの身で果たして7時間かけての車帰省はありなのか、悩みました。

仕事も長期では休めないので2泊3日ほどで仕事終わりなどに出発していくというなかなかのハードスケジュールになります…。そして帰宅した翌日から仕事。

妊婦のカラダにはあまり優しくないスケジュールになってしまいます💦

この夏に帰省しなければ正月の帰省も予定日が近く帰れない…。

とっても悩みましたが、カラダ第一で考え、主人だけに帰省してもらうことにしました✨

結果、主人には独身時代同様に夜行バスで帰ってもらったので何よりも安上がりでした💛(笑)

妊娠18w0dの頃の私の体重

この頃、恐れていた体重への指摘が入りました💦

とっても気を付けていたはずなのに😢

やはり「自宅安静期間」が良くなかったのだろうと思います。

特にその間でいきなり増えたわけではありませんでしたが、その直後あたりから著しく体重が増えだしました💦

「少し増えすぎです。妊娠期間全て通してトータル10キロ+までにしましょう」

と女性の先生に言われてしまいました💦いざ指摘を受けると落ち込むものです…😢

ここから私のストイックな毎日の体重測定と、カロリー計算が始まりました!

この頃の私は、妊娠前から4キロ+くらいです。

まぁ確かに、まずいですね💦

何よりもまずかったのは「1カ月で2キロ増えた」というところでした。

「1週間に500gまでの増加ならOK」という先生もいるようなので、この体重コントロールに関しても意見は先生によってそれぞれなのでしょう💦

18週の頃の健診時の数値は…

血圧は98/56、特に上がってはいませんでした!

子宮底長は21cm。

浮腫、尿蛋白、尿糖、すべてマイナスです!

体重増加だけでその他、問題はありませんでした💗

赤ちゃんの様子

赤ちゃんの発育は平均的な様子です。

しかし、気になることを指摘されました。

「赤ちゃんの腎臓が1つかもしれない…」ということでした。

「え?!」ってなりますよね。

人間のカラダにはそもそも2つの腎臓がありますが、1つは確認できるが1つは出来ないと。

先生からは、

「この時期に見えないということは良くあることなので、あまり気にしないでください!もしかすると生まれたときに何らかの処置が必要になる可能性がありますよ、ということだけお伝えしときます」

と言われました。

お医者さんなので起こりうる可能性は説明するのでしょうけど、とってもお医者様っぽくクールに言われました💦

もうこれでビビっちゃった私です。本当に怖くなりました😢

色々ネットで調べてみましたが、「大人になってから腎臓が1個だ」という事に気づく方もいるようで、そんなに珍しいこと、深刻なことでは無さそうでしたが…又新たな不安要素が出てきてしまったわけです。早く腎臓見えればいいなぁ。と願うのみの期間がここからしばらく続きました😣この頃の健診は4週間に1回でした。長すぎる💦

毎回次の健診まで赤ちゃんが無事なのか不安で不安で仕方ありませんでした。

皆さんもそうですよね?胎動を感じれればもう少し安心するんでしょうけどね…。

まだまだ不安の日々はここから続きます💦

赤ちゃんの腎臓は最終的に確認できました。私はとっても心配していましたが、後日別の先生に聞いてみると、「多分これがそうだと思うよ?まぁ無くても大丈夫だから!生きてけるから」とかなり軽い感じでした(笑)所詮エコーですし、臓器が見える、見えないなどとっても微妙なところなんだと思います。産まれてみないとわからない!という事も多いのだと思います💡

18週の頃は、安定期にも入っているけれど、「切迫流産」になった後だったのでまだまだ不安ばかりでした😢

やっぱり妊娠期間通して安心できることはないですし、「出産」まで何が起こるかわからないのです。そして生まれた後も同じです。我が子が無事に成長できるか不安の毎日…。

これが「母親になる」という事なんですよね💗

皆さんも「母親」として不安と戦う日々、頑張って乗り越えてくださいね💕

最後まで読んで頂いてありがとうございました✨

こちらの記事もおすすめですよ♥

両親学級への参加 安定期に入ってくると、心の余裕もだいぶ出来て母親学級や両親学級への参加を考え出してる方もいますよね。 みなさんはど...
ついに来た!!おしるしからの陣痛。 今日はここで私の出産の総まとめを綴らせて頂こうと思います。 これは私自身忘れないためでもあります...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする