妊婦さんはウォーキングをしよう!妊娠中の運動不足を解消するには。

妊娠中の皆さんが心配していることの一つが「運動不足」ではないでしょうか?

妊婦だからと言って、ゆったりのんびりばっかしていると、びっくりするほど体重が増えてしまいます💦

こちらでは、

・妊娠中の運動不足解消の為にどうすればいいのか
・無料の運動不足解消方法のウォーキングについて
・ウォーキングの為の便利アイテム

などについてお話し致します!

「妊娠中の体重増加、そろそろ増えそうで心配」という方や「もう太り始めちゃったよ!!」という方、ぜひ読んでみてください🌟

何かお役に立てるかもしれません✨

妊娠中の運動不足、どうする?

さて皆さんは妊娠中の運動不足解消になにか取り組んでおりますか?

妊娠初期の頃ではお腹の中の赤ちゃんも安定せず、あまり運動をしようという気は起きませんよね💦

一般的に妊娠初期においては運動や長時間のウォーキングは推奨されておりません💡

胎盤も出来上がっておらず、子宮の中の環境が安定していないからです💦

妊娠初期の生活の仕方も様々な説があります。

私は非常に敏感になっていた時期に、病院の先生から「普通に生活すればいいよ」と言って頂き、「あまり神経質になるのはやめよう!」と思えました。

ですが、わざわざ初期の時期に自ら機会を作って運動することはありませんでしたが、日頃の生活の中でよく「動く」ことを心掛け、この積み重ねが「運動」になっていたと思っております。

注)切迫流産や切迫早産の可能性がある方、体調が不安な方は絶対に無理をして運動をしてはいけません!必要であればお医者様から指示を頂きましょう!またウォーキングを機にお腹が張りやすくなった、出血があったという方も必ずお医者様の指導を受けてくださいね💡

毎日によく「動く習慣」をつける

自分自身が意識をすることで、日頃の「生活の導線」は自然と変わるものです。

妊娠後期になると体が非常に重くなり、本当に動くのが嫌になります💦

そして、「臨月」に入ると驚く勢いで体重が増加します。

もちろん個人差はありますが、少なからず私の場合はそうでした。

私の体重増加については増えすぎはリスク大?!妊娠中の体重増加はいつから?の記事でお話ししておりますので、宜しければ御覧下さいね✨

妊娠初期・中期・後期と進む妊娠期間。

振り返ると本当にあっという間なんですよね💦そしてあっという間に太るんです!(笑)

だからこそ「初期」の時期から自分の「動く」事への基礎レベルをある程度保っておくことが重要だと思います💚

「妊娠したから!」と生活を改めすぎてしまうと、そのまま後期に向けてどんどん動かなくなるだけです。よって、体重増加も著しくなります💦

働くプレママは通勤で電車を使ったり、バスを使ったり、もしかすると自転車を使っている人もいるかもしれませんね。私はなるべく「妊娠前」と変わらない生活を送ろうと心掛けていましたよ💚

しかし自宅のある7階から階段で毎朝駆け降りるのは13週で切迫流産になったのを機に辞めましたが…💦

万歩計が発揮する力!「動く」を維持するための便利アイテム!

私が「動く」を維持するために常に持ち歩いたものは「万歩計」です。

そう、「動く」=「歩く」ということですよね。

これに対して確実なる効果を私は感じております💕

皆さんは「見える化」という言葉を聞いたことはありますでしょうか?

何事も「見える化」することで効果や成果は圧倒的に変わってくるのです💡

例えばダイエット。

よく測るだけダイエットなんて言いますが、体重を毎日計測するだけで痩せていくという説もありますよね。

毎日体重の数値を目にすることで意識が変わるんです!

他にも、健康の為に「1日2リットル水を飲もう!」と決めたとして、冷水器などで意識的に飲むよりも「2リットルのペットボトル」を持ち歩き、「ペットボトルを飲み干そう!」と決める方が確実に2リットル飲めてしまうものなのです💛

これぞ「見える化」の力✨

その方式と同じで「万歩計」を持ち1日何歩歩こうと決めて歩数を見える化することで確実に成果につながっていくのです✨

妊婦のウォーキング何歩歩くべき?

一般的に「1日10000歩は歩きましょう!」って聞きませんか?

これは多くの万歩計が10000歩を目標としているような作り方をしていることが理由なようで特に科学的根拠はないそうです💦

私が使用していた万歩計も10000歩を目標としており、10000歩を超えると人間の形をしたイラストが喜ぶ絵が表示されておりました💛

それが地味に嬉しくてとにかく10000歩を目標に毎日生活しておりました💛

この10000歩、仕事で営業をし外を歩き回っている方からしたらすぐかもしれませんが、デスクワークの方、家と職場の距離が近い方、基本車移動の方からしたら意外に難しい壁かもしれません💦

私の場合、特に意識せずに仕事へ行き、ただ帰ってくるだけだと8000歩から10000歩弱の歩数が多かったです。

しかし、仕事後に買い物や約束などがあり寄り道した際には10000歩を超えておりました。

また自分でちょこちょこ歩数を確認し意識的に階段を利用したり細かな雑用を引き受けて会社内を歩き回るようにした日も、10000歩は超えましたよ✨

歩数を見える化することでとても意識的に「動く」「歩く」ことが出来るようになっていました。

一般的に妊婦のウォーキングというと1時間くらいと言われております。

どのような歩き方でウォーキングをするかで歩数は変わってくると思いますが、散歩や買い物で意識的に歩けるといいですよね😊

私が万歩計を使用した理由

最近は便利なアプリも沢山あり、万歩計などなくてもスマホで代用できたりします。

本当に便利な世の中ですよね~色々なものがスマホにオールインワンされていきます😮

私の場合は仕事上、「スマホを頻繁に確認できない」、むしろ「持ち歩けない」という理由で万歩計を購入しました💛

制服の内ポケットに入れて毎日過ごしておりました✨

何度かそのまま制服のポケットに入れたままで帰宅してしまう時もあり、そんなときはテンションが下がりまくっていましたけど…(笑)そして、同時に歩くことへの意識がダウンしていました。どーせ頑張っても記録残らないから…。」という感じで💦

これが万歩計のパワー、すごいですね!笑

スマホを持ち歩ける方はスマホアプリでもいいですし、やる気を出したい方は可愛い万歩計を購入するとやる気UPにつながっていくでしょう💛

実際方法は何でもいいんです!あなたが「継続できる」「結果の出る方法」であれば😊

万歩計も余計な機能がなくシンプルなものであれば手頃な価格で購入が出来ますよ💛


楽天市場でチェック

Amazonでチェック

是非モチベーションを上げて、お金のかからない「歩く」という方法で妊娠中の運動不足を解消しましょう✨
安産へも繋がること間違いなしですよ💛

最後までお読み頂き、ありがとうございました😊

頑張りましょうね💕

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする