職場での妊娠報告のタイミングは?言い方には注意が必要です!

待望の妊娠発覚!でも、働くプレママにとっては「仕事どうしよう…」「職場の人に伝えなくちゃ…」と頭によぎるのではないでしょうか??

こちらでは「妊娠」が発覚した際の職場における「注意点」を私の実体験を交えて、

・報告する際に気を付けるべきこと
・一般的にいいと言われているタイミング
・私が報告したタイミングと経緯

をご紹介させて頂きますね🌟

職場での妊娠報告で気を付けるべきこと


みなさんは職場での妊娠報告はいつ頃がいいと考えていますか??

仕事の内容や職場の人との間柄、あとはあなたの考え方によって大きく変わってきますよね。

妊娠報告においては気を付けるべきことが何点かありますのでその点も頭にいれつつ自分にとって最良のタイミングで職場関係者には報告すべきです💡

では早速ですが…

注意点①みんなが喜んでくれるとは限らないので言い方に気を付ける

なんとも冷たい書き方ですが、このことは頭に置いておくべきことですよね。

あなたにとって待ちに待った妊娠であればあるほど自分と同じように職場の仲間に喜んでもらえることを期待すると思います。

しかし周囲の人は周囲の人で様々なことを抱えながら生きているもの💭

あなたより年上の人で結婚しているのに子供がいない人などはいませんか?

妊娠出来ないカラダかもしれませんし、流産の経験者かもしれません。またはそういった奥さんを持つ、旦那さんかもしれません。

職場の仲間と友人で違うところ、それは所詮、「職場仲間」であるということです。

もちろんその中でも特に仲のいい仲間、仕事を超えた絆のある人はいると思いますが、仕事で顔合わす程度で仲良く楽しくやっているという間柄の人もいるはずです。

ようは、そんなに深く全ての同僚のバックボーンを知らないのです。

真剣に自分の将来に不安を感じて婚活に精を出しているけどなかなか実らない…という仲間もいるかもしれませんね。

そんな同僚は婚活だけではなく、妊娠に対しても焦っている可能性だってあります💦

私が一番気にしたのは「不妊」かもしれないと病院に通っている仲間がいたことでした。

彼氏がいるわけでも結婚しているわけでもなかった同僚ですが、婦人科系の病気が見つかり「将来子供が産めないカラダかもしれない…」と悩んでおりました。

その同僚が悩んでいるからといって、その子だけには”伝えない”という選択肢はもちろんありませんでしたが、しっかりと自分なりの配慮をし、必要以上の話はしませんでした。

相手が切り出してきたり色々なことを聞いてくればもちろん話しますが、それもそれで彼女の配慮であったと思い、気持ちよく祝福してくれたその同僚には心の中でとても感謝しています。

今の世の中、「婚活」「妊活」という言葉も流行り、盛り上がっていますね。

しかしその流行り言葉の裏では目に見えない”プレッシャー”や”ストレス”に悩んでいる方もいることを妊娠報告するうえで忘れてはいけないと思います。

注意点②あなたのキャリアへの影響

女性が働きやすい職場環境に変わってきているといわれておりますね。

みなさんはそんな社会の変化を手に取って感じていますか?

仕事内容、職場の風土により異なるかもしれませんが、産休・育休制度が導入され産前6週前まで働かせて頂けること自体に感謝するべきだなぁーなんて私は感じました。

現代の法では妊娠を理由にし解雇はもちろんですが、仕事内容を大幅に変えたり、待遇を変えたりするようなこと、つまり本人が妊娠を理由に「不当な扱いを受けた」と感じることを会社側からすることは認められません。

しかし、この不当な扱いと職場からの配慮は紙一重の可能性もあると思いませんか?

あからさまな解雇や減給は明確ですが、責任のある案件を任されなくなったなど…職場側の妊婦さんの精神的負担への配慮とも言えますよね。

私の場合、妊娠をきっかけに、明らかに責任の重い仕事は任されなくなりました。

私のキモチはとっても複雑でした、半分はストレスから解放されお腹の赤ちゃんを守れる、気楽にマタニティライフを過ごしながら仕事ができる!、半分はまだ半年ほどある職場でのモチベーションが下がってしまう…まだまだバリバリ働きたい…というような思いでした。

私の職場の場合は明らかに「妊婦に対する配慮」でしたし、自分の勝手で妊娠をし、休業を頂くわけですから「この仕事をさせてください!まだできます!」なんていう権利は自分にはないと考えてました。これが私の考え方でした。

職場の上司は頻繁に体調を気にかけてくれ同時に仕事内容も「この案件はどう?」というように声かけをしてくれていました。

感謝でいっぱいですね。

しかし同時に、「私は大丈夫ですよ」「判断はお任せします」「なんでもできますよ!」と伝えながら前と同じように責任ある案件が回ってこないことに寂しさを感じていました。

そんな複雑な思いを抱いた事で、自分は仕事好きだったのかなー?なんて考えましたね。

ここが妊娠をきっかけに自分が変わっていけるかどうかの一つ目のターニングポイントなような気がしました。

自分一人のカラダであれば気合で乗り切れることがほとんどです。

しかし、お腹に赤ちゃんがいる=別の命がある状態であるとあなたの気合だけでは乗り越えれないことも出てきます。

あなたの無理がどんな形で赤ちゃんに影響するかはわからないのです…。

そのようなことを会社として考え配慮をし仕事内容を変えるという上司の判断は真っ当なんだと思います。

もしあなたがどうしても妊娠をきっかけに気を使われたり、仕事内容を変更されること、配慮されることが絶対に嫌であればあなたの責任において、職場に伝えないことです。

もちろん後任者への引継ぎなどがありますからそのようなあなたの職場上での都合を考慮したうえで、報告しなくてはならないギリギリのラインまで伝えないということです。

そうすればもちろん職場は知らないので仕事内容が変えられることはありませんよね。

しかし、赤ちゃんを一番大切にするという視点からはあまり良いとは思えないですね。

でも選ぶのはあなた、全てあなたの判断になります。

妊娠期間中、突然仕事にいけなくなる状態になることも十分に考えられます。

そのようなことも踏まえて、あなたが上司や仲間に報告するタイミングを決定すべきです。

私が職場で妊娠報告をした経緯

職場内容や環境により様々な妊娠報告のタイミング

力仕事をしている人であれば早いタイミング、むしろ妊娠発覚した超初期から職場へ報告する必要があると私は思います。あとはキャビンアテンダントさんも職場への報告義務がありますね。

業界によって赤ちゃんへの影響を考え様々なルールがあると思います。

私の場合は人前に出る機会の多い仕事でしたが、重いものを持ったり、運転したりなどという事がなく、初期に報告する必要はありませんでした。

一般的に皆さんはいつ頃報告されているのでしょうか?

一般的な職場への妊娠報告タイミング

1番多い時期は「病院で妊娠が確認されてすぐ」のようです。恐らく仕事内容の都合で

すぐに報告をしなければならなかったという方と、つわり症状がひどく言いざるおえなかったという方の割合がこの時期に報告した人の中では多く占めるのではないでしょうか?

安定期に入ってから報告される方が1番多いのではないかと思っていたのでとても意外でした!

その次に多いのが「安定期にはいってすぐ(妊娠16週以降)」のようです。

初期流産の可能性がなくなるタイミングまで待ち、落ち着いてからという一般的なタイミングのような気がしますが1番多いタイミングではないようです。

芸能人などは妊娠5か月から7カ月に発表する方が多いですよね。

そしてその次が「妊娠12週を超えてすぐ」のタイミングのようです。

こちらも初期流産の可能性がいっきに下がるといわれているタイミングですね。

そしてその次に「心拍が確認されてすぐ」のタイミングと続くようです。

私は直近の上司には妊娠13週に入ったころに報告しました。

やはり突如何かがあって迷惑をかけることになったらと思い伝えました。

しかし他の同僚には妊娠5か月を待つつもりで伝えず、1番仲の良い先輩のみに早々報告をしておりました。その先輩が色々なフォローをしてくれていたため、初期の体調の悪い時期にとっても助けられました。

同僚への妊娠報告

妊娠5か月ごろを待って妊娠報告をしようと考えていた私ですが、妊娠5か月目前にして突然の出血、切迫流産と診断されてしまいました。

切迫流産についてはこちらに書いております

入院とまではいきませんでしたが、2週間の自宅安静を病院から言い渡され職場に休みを頂かなければならないことになったのです。

上司には伝えていたのでスムーズに休みを頂く流れとなりましたが直接しっかり報告したかった同僚へなんと伝えて休むべきかとても悩みました。

以前、つわりが酷く丸々1カ月休んだ先輩がいましたが、その時にはかなり初期だったこともあり同僚には伝えておらず上司と一部の同僚のみ休みの理由を知っている状態でした。

私も理由を知っている一人ではありましたが、やはり他の同僚は心配して色々聞いてきますし、事実をしっている身として隠さなければならないことがとても大変でした。

自分自身以前そのような思いをしたこともあり、職場の同僚には一斉にLINEで連絡をしました。(私の部署では業務時間外に必要な業務連絡なども頻繁にLINEを使って行います)

私の職場の仲間との関係性上、2週間本当の理由を告げずに休むという事が不自然でしたし、知っている先輩にも迷惑をかけると思いそのような判断をしました。

最終的には伝えることでしたし、本当に2週間で復帰できるかもわからなかったので嘘をつかずに事実を伝えて良かったと思っております。

職場での妊娠報告のタイミングに関してはあなたと職場との関係性により、それぞれかと思います。

一般的なタイミング、また気を付けることも頭にいれつつ最良のタイミングであなたから誠意をもってお伝えしましょう。

その伝え方や、あなたの職場での振る舞いで、報告後の周囲との関係やあなたの復帰後のキャリアなどに少なからず影響を与えると思います。

妊娠は個人の都合であることは絶対だと思います、周囲の人々への配慮や感謝は絶対に忘れるべきではないですよね💛

私の体験が少しでもお役に立てばうれしく思います💛

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする