妊娠中で情緒不安定なあなたの為の対策と解消法♥これであなたもHAPPY妊婦

何よりも喜ばしい妊娠💛のはずが…何だか気持ちが不安定になってしまって、落ち込みがちだったり、イライラしやすかったりしますよね💦

妊娠中はホルモンのせいで情緒不安定になりやすいんです…😢

あなたは大丈夫ですか??

こちらでは私の実体験を通して、妊娠中の情緒不安定なあなたへの「対策法」「解消法」をお話したいと思います✨

止まない雨は無い!と言いますが、この情緒不安定も絶対に良くなりますから、心配しないでくださいね💕

あなただけじゃないから大丈夫♥妊娠中の情緒不安定はいつまで?

何だか毎日イライラしたり、急に悲しくなったり、不安になったり…

妊娠中の気持ちって忙しいですよね😢

私も妊娠初期の頃、職場で毎日イライラしていました💦

ちょっと異常なイライラだったので、これは「妊娠」のせいだなと思い、気を落ち着かせようと苦労しました…😣

でも、これらは全部あなたのせいではなく「ホルモン」のせいです!

自分の気持ちでコントロール出来ない「ホルモン」に完全に気持ちがやられてしまっているのです。

でも、そんなホルモンに振り回され、気持ちがダウンし続ける妊娠生活なんて勿体無いですよね!!

自分の生活や感情など、様々なことのバランスを上手に取りながら楽しい妊婦生活を過ごしたいものです💛

まずは、「妊娠中の情緒不安定」について、しっかり解析していきましょう💡

情緒不安定になる原因は?

上記にも述べましたが、原因はまさしく「ホルモン」です。

妊娠によって激しく変化している「ホルモンバランス」によって引き起こされているもの…。

例えば思春期の頃、反抗期を迎えて親がうざかったり、困らせるようなことや傷つくようなことをわざと言ってしまった時期ってありましたよね…。あの時も、理由もないのにただイライラしちゃったり。

あの思春期の頃の気持ちも「ホルモン」のせいです。

あなたはその気持ち、今でも引きづっていますか??

もうとっくに忘れていますよね!それが「ホルモン」というものです。時期が来れば必ず終わるのです。

妊娠中も同じです。「一時の乱れ」に過ぎないので心配はいりません💛

他にも、陣痛の痛みへの恐怖や不安、子育ての不安なども情緒不安定になる原因です。

大切なのは「一人で抱え込まないこと」。

1人で悩んでいると、解決の糸口が見つかりません。

身近にいる先輩ママに話を聞いてもらう事、自治体の妊婦さんサポートなどを積極的に利用することが大切ですよ✨

「妊娠・出産」は人生の一大イベント、でも幸運なことに経験者が山ほどいるのです✨

あなたが自分自身に起こった変化に「どう向き合うか」、不安やイライラなどを「どう対処するか」で今後は大きく変わってきます💡

絶対に一人で頭を悩ますのはやめてくださいね✨

誰もが通る道ですから💛

妊娠中の情緒不安定はいつまで??

自分の身や心に起こった変化と前向きに向き合えたとしても、いつまで続くかわからないものって不安ですね…。

私もそうでした。妊娠初期、3カ月の頃が心身共にきつかった私。

まだまだ続く妊婦生活、乗り越えられるのか…一体どう発散すればいいのか…と悩んだんです。お酒を飲むことで日々のストレスを発散していたところもあったので…、

お酒を飲めない🍷✖

という状況も私を苦しめました😢

終わりが無いように感じるこの「情緒不安定」ですが、原因が「ホルモン」からきているものは「妊娠初期」、胎盤が完成するまでが特に酷いようで、私自身そうでした。

妊娠期間通してホルモンの変化は継続して起こりますが、「妊娠初期」でまだ体や心が「妊娠」に慣れていない時期が特に顕著なのです💡

そこから徐々に症状が和らいでいったり、あまり気にならなくなっていきます✨

しかし、イライラは減っても、「妊娠・出産」全般に関する、不安や恐怖などは引き続き継続していました。

それは出産のタイミングが近づくにつれて増してくる場合も多いと思います。

もちろん誰だって、陣痛に耐えられるのか不安ですし、出産って怖いなって思います。

でも、「我が子」に会える喜びが何よりも大きいはず!

「不安」ばかりに目を向けずに、「我が子」に会える感動をイメージすることがとても重要だと思います✨

そして、極力自分の体や心に負担をかけないように色々と工夫をしていきましょう💡

以下に対処策をまとめております💛

妊娠中の情緒不安定の対処策は?

何事にも無理はし過ぎない

妊娠中はとにかく様々な不調に襲われます。個人差はもちろんありますが、大なり小なりそれぞれ悩みはあるはず。

初期のつわりから始まり、食べ物の好みの変化や、肌荒れ、腰痛、頻尿、トラブルは挙げていけばキリがないですね。

特に働くプレママは一定の時期がくるまでは職場に報告できず、妊娠を隠しながら通常の業務をこなしてかなければいけません。

仕事でかもかなりの負担がかかってしまうのですから、家に帰ってからの家事は非常につらいですよね💦

妊娠前は出来ていた休日の家事や掃除、洗濯も倦怠感などで以前のようにはいかないかもしれません😢

しかしそんな時、責任感を感じて以前のように「やろう!やらねければ!」と思って頑張りすぎてしまうことはNGです。

頑張りすぎで疲労感を感じてしまう→疲労感を感じてしまい以前のようにチャキチャキ動けない→落ち込む😢

このサイクルに巻き込まれてしまうのです💦

何事も無理をして行動することは妊婦のカラダにも心にもいい影響は与えないのです。

妊婦にとって大切なものそれは「開き直り」です。

魔法の言葉は、

「私は妊婦だから出来なくても仕方ない」

です。

これを自分自身に言ってあげてください💖

何か思うように行動できなくて、イラついてしまったり落ち込んでしまったりする必要はないのです、なぜなら、「あなたは妊婦だから出来なくても仕方ない」のですよ💛

妊婦でも我慢はし過ぎない

妊娠期間中、沢山の制限がありますよね💦?

挙げるときりがないと思います。

一体妊婦にはどれくらいの制限があるのでしょう😣

沢山ある食べ物の制限

あれも食べてはダメ、これも食べてはダメ、色々な情報が出回っていますよね。

もちろんダメなものはダメですが、一体どんな理由でダメなのか、どのくらいの量からNGなのかなど、何でも一度聞いた情報を鵜呑みにしたり思い込みで動くのではなくしっかり「本当にダメなものと適量なら可なもの」とリサーチし区別することが大切です💛

何でもかんでも制限していくと食事がとてもストレスになってしまいます。

妊娠中にダメな食べ物と飲み物ダメなものは?✨ こちらでは、一般的に言われている妊娠中に控えるべきものと、私が...

又、甘いものも場合によっては制限がかかるかもしれません💦

体重コントロールがうまくいっていない場合などは早い段階で医師から「体重増えすぎです」の声かけがあるかもしれません💦

私は6カ月あたりで体重がひと月の間に2キロ増えた際に医師から「気を付けてください」の声かけがありました💦

体重が増えすぎてしまうと「妊娠中毒症」などの可能性が上がり、赤ちゃんに栄養がいきづらくなってしまいます。

更には産道に肉がつきすぎてしまい「難産」になってしまう確率が上がるなど、赤ちゃんにとって良くないことが起きてしまいます。

もちろんそれは避けたいですよね😣

私は、気を付けて自分に厳しくして努力していたつもりだったのに先生から声かけがあった際にはとっても落ち込みました💦

そして、食生活を見直しました✨

夕飯は「炭水化物」を抜きました。

しかし、摂取量を減らせば体重が落ちるということでもありませんでした。

夕飯自体を抜いたりもしましたが、減らない時は何をしても減りませんでした😢

「食べる量」を減らしてしまうと便が出ずらくなり、便秘になり、それによる体重が増加したこともあったのです。何事もバランスが重要です。

甘いものも体重を気にして完全に「食べない!」とすると大きなストレスにも感じます。

食べる量を守れるように食べる分だけ出して閉まったり、健康志向のおやつに切り替えることも得策です💛

私の場合、ただ甘いものを口に入れたかったのでフルーツグラノーラをおやつ代わりにボリボリ食べていましたよ💕これはとてもおすすめ🎶

その他にも、ナッツ類や、プルーン、ドライフルーツなどもお勧めです。

塩分や糖分の取り過ぎはどちらにしろ注意なのでいずれにせよ適量を食べましょう💡

他にも我慢といえば…通勤中の満員電車。

お腹の目立っていない時期はマタニティーマーク以外には妊娠を外部の方へわかってもらう方法はありません。

しかし、色々な意見があり着用していない方も多いですよね。

満員電車では正直つけていようがつけていまいが関係ないよう気もしますが、妊娠中の、満員電車への立ち状態での乗車は大変危険です。

電車の「急停車」などで転倒する恐れも大いにありますし、停車駅での人の乗り降りの際にいきなり増えた乗客によりお腹が圧迫される可能性もあります💦

出来る限り、譲ってもらうなどして席を確保するか、必ず「座れる電車」への乗車をおすすめします。混雑はラッシュ時間だし仕方ないなど「我慢」するのは赤ちゃんの安全上とっても危険です!我慢して混雑電車に乗るのはやめましょう!

色々な制限はありますが極端に取り組みすぎると大きなストレスになります。

気楽に考えていきましょうね。

妊娠中の情緒不安定の解消法✨

妊娠中しか出来ないことを沢山する

妊娠中には禁止事項や制限事項が沢山あります。でも逆に「妊娠中」にしかできないこともあるのではないでしょうか??

お腹の赤ちゃんとの対話や、コミュニケーションもその一つですよね。

積極的にコミュニケーションをとって妊娠中ならではの時間を過ごしましょう💛

いざ出産を終えお腹の中が空っぽになると、それはそれでさみしかったり…(笑)

「お腹の中で子供を育てる」という感覚は、女性だけの特権であれ、何物にも代えられない「素晴らしい時間」だと思うのです。

他にも話は少し違いますがプレママしか使えない特典を用意しているベビー用品屋さんもあります💡プレママという特権を使いお買い物も楽しくお得に済ませましょう💛

ファミリーの味方、アカチャンホンポ💖 夫婦二人の生活の時は無縁の場所でしたが…子供が出来た途端に救世主になってくれるお店で...

他にも実際赤ちゃんが生まれてしまうと難しくなる外食に沢山行ったり、安定期の間に旅行に行くこともいいですね🎶

「マタニティプラン」を用意している宿もありますよ✨

何よりも旦那様との二人の時間を大切に過ごすことが大切です💛

マタニティーヨガに参加

マタニティーヨガなども病院や自治体で開催してるところがありますね。

妊婦の時しか出来ない運動です。

元々ヨガ好きな方はもちろんですが、ヨガをしたことのない方も心もカラダもリフレッシュできます💛

機会があれば是非積極的に参加してみましょう。

妊娠中の情緒不安定、まとめ

貴重なプレママライフを楽しむためにはまずは心を健康な状態に保つことです💛

「ホルモン」なんかに乗っ取られて、気持ちが沈んでばかりでは勿体ない!!

そして、頑張りすぎたり無理しすぎたりせず、お腹の中の赤ちゃんとコミュニケーションをのんびり楽しみながら、生まれてくれた後の生活を想像していきましょう💛

不安になったり、落ち込みやすかったりするのは決してあなただけではありませんからね✨

自分に合った方法で、気持ちを落ち着かせていきましょう✨

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする