妊娠中の食べ物や飲み物、ダメなものは??私はこの5点だけ守りました!

妊娠中にダメな食べ物と飲み物ダメなものは?✨

こちらでは、一般的に言われている妊娠中に控えるべきものと、私が実際にした選択を紹介していきます✨

妊娠中に控えるべき食べ物や飲み物など膨大な情報が出てきますよね💦

しかし、実際のところその情報を全て飲み込むか飲み込まないかはあなた次第。

あなたの選択になります!

心配性のあなたは一生懸命調べて、膨大な情報を習得し、何も食べれないじゃないか!

と嘆いているかもしれません💦

細かく言っていくと非常に制限が多いのです。

絶対に食べるべきでないもの、摂取すべきでないものももちろんありますが、取り過ぎがダメなもの、取り過ぎてはいけないけれど多少は必要なものなどまちまちです。

これらはすべて、妊娠初期の時期のなるべく早めにしっかりと知識を入れとく必要があります。

もし、何かあったときに振り返って、あれがいけなかったかな〜などと色々不安になってしまったりするとココロに大きな負担をかけてしまいますからね💦

膨大な情報の中からあなたが納得できて、継続できる情報や知識を取得することが大切なのだと思います💡

こちらでは、私がこれだけは徹底したよ!という5つをご紹介します🌟

飲み物で妊娠中にダメなものは??

アルコールはダメ!!

これは一番に上がりますね。私はお酒好きなのでついつい1番にあげてしまいます。

なぜダメなのか?

あなたがアルコールを摂取してしまうとあなたの血液中とほぼ同じ濃度のアルコールが胎盤を通過して赤ちゃんに届いてしまうと言われているんです💦

つまりあなたが飲酒すれば、お腹の中の赤ちゃんもお酒を飲んでいるのと同じような状態になるそうですよ🍷🍻

アルコールは肝臓で分解されますが、胎児の肝臓はまだ未発達。ですからアルコールが赤ちゃんの体の中に溜まってしまうということです。

よくビール一杯くらいなら大丈夫と言ったり、私が海外にいたころは、

「胎盤を作っている初期はダメだけど出来上がった安定期以降は問題ないってドクターが言ってる」なんていう、お腹が大きい友人妊婦と一緒に飲酒をしたものです。

これらは事実ではあると思います。一口でも口に入れてしまったら何かが起きるよー!!ということではないと思いますが、そのままダラダラ飲んでしまい気づけばある程度の摂取量になっていたり、1日だけではなく習慣化してしまえば問題になってしまうに間違えありません。禁酒がストレスになってしまうんであれば少しくらい飲んだ方がいいとも言いますけど、私のようにお酒好きの方は「妊娠期間中は飲まないぞ!」と決めて、ただ実践するのみだと思います。長い人生の大事なプレママ期間ですからね💛

カフェインもダメ!!

これも有名なものです。私は妊娠前からカフェインを既に控えていたのでそこまで苦労しませんでしたが、代表的なコーヒーをはじめ様々なものにカフェインが入っていることに妊娠してから気づきました💦

同時にカフェインレスのものもたくさんあることを知りました💛

そもそも、カフェインがダメな理由は?

健康な大人の人にとってもカフェインの過剰摂取は体に悪影響を及ぼすと言われていますよね。私は以前1日に3杯ほどのコーヒーと仕事で使うタンブラーには常に緑茶という生活をしていたころ胃の調子を悪くしたことがありそれ以来カフェインは制限するようにしておりました。

もちろん毎日飲んでも問題ない人もいますし、それぞれの体質によるものですが一般的には大量に摂取すると、不眠や精神の興奮、筋緊張、頻脈、呼吸促進などを引き起こす可能性があると言われているようです。

カフェインに敏感な人でたまに、「夕方にコーヒーを飲むと夜寝れなくなる」なんて言っている人もいますが、これは人それぞれ。適量も人によって異なるわけですね。

よって妊婦の体には更に影響を及ぼす可能性があるわけです。

妊娠中はカフェインの分解に時間がかかってしまうそうで、胎盤を通じてカフェインがお腹の赤ちゃんに移行しやすいのです。

その結果、流産や早産、低出生体重児、発達障害の原因になりうるという報告があります。

怖いですよね

私は心配性なので控えました💦

普段の飲み物は基本的に白湯にしていましたし、コーラも控えました。(後期になって復活してしまいましたが…💦)

代わりに、リアルゴールドを飲んだりしましたよ💛

リアルゴールドはノンカフェインだということを妊娠中期に気づきました💛

もっと早く知っていたらドリンクバーなどでの選択肢に入ったなぁ~と後悔でした💦

カフェインが入っているものを控えていると、「なんも飲める物がないじゃん💦」と思う時もありました😢

そんな時に『AMOMA』のオーガニックハーブティーを知り、飲んでみることにしました。様々な種類があり、妊娠中だけではなく産後や授乳中に良いハーブティーも知りました✨

私は産後、「母乳の出」がとっても良かったです。これはAMOMAマタニティブレンドのおかげなのかな?と思っています。

興味のある方は見てみて下さいね!

妊娠中にオススメのハーブティーはコチラ

食べ物で妊娠中にダメなものは??

チーズや生ハム、スモークサーモンなど

ナチュラルチーズ、生ハム、スモークサーモンなどのリステリア食中毒の可能性がある食材は徹底して気を付けました!

上記に続き、アルコールネタになりますが、アルコール好きの私が大好きな部類のものになります…

そもそもリステリア菌って?

河川水や動物の腸管内など環境中に広く分布する細菌です!日本国内では今まで報告例はないそうです…(一安心です)リステリアに感染して重症化することはまれですが、妊婦と高齢者が要注意と言われています!

冷蔵庫に長期間保存され、加熱せずにそのまま食べられる食品は、原因となりえますので注意が必要だそうですよ。

いわゆるスライスチーズやとろけるチーズなどのプロセスチーズと呼ばれているものは食べても問題ないようなので安心してください💛

あとはモッツァレラチーズ。私の大好物ですが、これもナチュラルチーズに分類されてしまうそうです💦

しかし、国内産のものであれば問題がないといわれていることが多いです💡

私は北海道産のモッツァレラチーズは食べていましたよ✋

もちろん妊娠前のように沢山は食べませんが、おいしいからたまには食べてましたよ💗

あとは、レアっぽいステーキや生ハム、ユッケ、レバ刺しなどの加熱不十分なお肉料理ではトキソプラズマ菌に注意が必要です。

トキソプラズマに関しては初診で行った血液検査に抗体があるかないかの検査がありました。

私はありませんでしたが、ほとんどの方がないと説明されました。

妊娠期間中の1年弱我慢するのがベターと考え私は食べませんでした!

生魚も注意が必要!

これも本当に様々な見解がありますね。大の回転寿司好きの私ですが、周りの妊娠経験者に聞くと、実際のところ、半数以上の私の友人があまり気にしていなかったと答えるような気がします。

私は妊娠初期~中期は食べないように徹底しましたが、後期に入って胎動をよく感じるようになったあたりから解禁してしまいました。

解禁した理由は純粋に、「食べたかった!」ということと、青魚の摂取が劣っているなぁと感じ、もちろん焼き魚や煮つけでも食べましたが、気軽に行ける回転寿司で沢山食べれるからです💗

では、そもそも妊婦が生魚ダメ!と言われている理由ですが、

まず、妊婦さんは免疫が低下しているため食中毒や食あたりになりやすいということです。

これは誰しもに伴う危険性ですが、特に妊婦や高齢の方ということになりますね。

前記のトキソプラズマやリステリア菌と同じようなところです。

そしてもう一つが、水銀です!

お魚には水銀が含まれております。

これは生魚だろうが焼き魚だろうが関係ないです。

特に注意すべき魚は、カジキマグロなどの大きな魚で、すべての魚に多く含まれているわけではないのであまり気にする必要はないのかなっと私は思っています。

よく食卓で食べる鮭やホッケ、サバの焼き魚はなんの心配も必要ないと思い、私は積極的に摂取しましたよ💗

なぜならば、魚に含まれるDHAは赤ちゃんの脳の発達や心筋発達、視力向上に不可欠な栄養素だからです。DHAでかしこい赤ちゃんを育てなければ💙と思っていました。

あとは、早産予防につながるなんていうデータもあるようです。

自分の中でルールを決めてストレスにならないように適量を摂取していきましょう!

レバーなどのビタミンA

私は知らなかったので、大量のレバーを妊娠超初期から7週目くらいの期間で摂取していました😢元々レバーが好きでよくいくスーパーで頻繁に特売になっていたため我が家の定番の一品でした。

気付いた時はすごくショックでした💦

しかし、これも一概には言えず、継続的な大量摂取は問題ですがある程度の量は必要な栄養素です!

病院の母親学級の中の栄養士の先生の話では摂取しすべき食材に挙げられており、ビタミンAに関しては何も言及しておりませんでした。

焼き鳥屋さんに行って1本2本焼き鳥を食べたところで大きな問題にはならないのでご安心ください💗

私も大量摂取してしまった💦(50g弱を週2~3回くらい?)と思いましたが特に問題はありませんでしたよ💦

元気な赤ちゃんが産まれました💗

とてもわかりづらいいのですが、

レバー100gに含まれているビタミンAの量は

・鶏レバー100g…14,000μgRAE
・豚レバー100g…13,000μgRAE
・牛レバー100g…1,100μgRAE

だそうです。いずれも生の状態での数値です。

そして妊婦が1日に摂取すべき適量は、

妊娠初期~中期で650μgRAE、妊娠後期で730μgRAEだそうです。

えー?!100gに超大量に含まれているし!って焦りませんか?私はこれで焦って後悔しました。

上記はあくまでも1日の摂取量です。

妊婦さんの摂取量上限は1日2700μgREとされています。1週間で18900μgREとなります。食べ過ぎてしまったと思ったらしばらく食べないようにすることで危険は避けられそうですね!私はきっとギリギリ超えてしまったか、超えなかったかくらいだったと思います。

知らないって本当に怖いことですね😢

ですので、初期に正しい情報を頭にいれることは非常に重要です。

病院から何かしら資料を貰えることも多いと思いますし、栄養に関しては様々な本も出ています。ネットで情報を探していると気づけば調べていたこととは違うところで彷徨っていたりもしますよね。

それはそれでよかったりもしますが、一つ自分の妊婦生活における食生活の指針となるような本を持っておくとすぐに欲しい情報に辿り着くことができますよ💛

色々綴ってまいりましたが、私が気にしたものは上記の5点です。

もちろんもっと沢っ山のことが出てきます!

何を選択するかはあなた次第です!

栄養バランスも考えつつ、そして何より、自分のストレスにならないように考えてみてくださいね🌟

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする